PPC広告

ウェブサイト3つの成功のパターンがあった!

ホームページ・ウェブサイト成功に2つのパターンとは?

弊社の年間30サイトを制作する中でローカルの中小企業(従業員50名以下)での私が発見したホームページ・ウェブサイト成功に2つのパターンをご紹介します。過去5年実績の分析結果です。まず、自社のサイトがそれに該当するのかをご検討ください。また、これからウェブサイト制作を予定している方も、これらをご検討されることをお薦めします。

成功するウェブ制作

1. 特殊性のあるコンテンツの企業サイト(もしくはターゲットを絞り込んだコンテンツ)
2. 成果を信じて、掛けて更新つづけたサイト
3. 3年以上の古いドメインのサイト

1. 特殊性のあるコンテンツの企業サイト(もしくはターゲットを絞り込んだコンテンツ)

新規のドメインでも商品やサービスがニッチであればあるほど、ユーザーの反応は、早く得られます。また、サービスや製品なども絞り込んみを行いターゲットを絞るとやはり効果を得やすいです。特に製造業や建築業などが、このケースの実例が多く結果となっております。

2. 成果を信じて、掛けて更新つづけたサイト

検索キーワードで1位に固定するまでに約3年の年月を掛けて、ブログの更新・コンテンツの追加などを行なって、企業サイトは、営業数名分の集客ができるようなサイトに成長しました。それまでは、成果も得られないリアルな2年間が続きました。この対策としては、検索上位にサイトが固定されるまでは、PPC広告を行うことをお薦めします。ウェブサイトは成長すると信じられない成果を得るビジネスツールになります。

3. 3年以上の古いドメインのサイト

3年以上建ったドメインのサイトは、リニューアルするとほぼ100%に近く、最低140%以上のウェブ・サイトからの成果を得ています。数百倍の成果を得たサイトも少なくありません。全サイトの欠点を把握するとリニューアルの改善点が見えてきます。

まずは、お電話・メールで
ご相談ください。

「ホームページ制作成功の秘密」の
DVDと資料をお届けします。

Web制作に関する相談専用ダイヤル
メールアドレスだけでお問い合わせ