SNS

インスタでブランディングしてWebで売上UP

Instagramでブランディングするには撮影力と企画力。Webで売上を上げるならコンテンツ力の強化が必要です

Instagramは画像や動画でコミュケーションします。ですから、撮影力や画像編集力が必要ですが、プロでなくてもちょっと学ばばできるのではないでしょうか? もちろん、スマホで十分ですが、どんな企画にするのかを検討する必要があります。そして、ビジネス感の高い投稿は不要です。フォロワーの感性に訴えるような画像・動画が必要です。
そして、必ずWebサイトのブログに呼び込みましょう。そして、ブランディングに成功できれば売上も上がります。ただ、しっかりとブランディングも勉強しましょう。

TwitterやFacebookではブランディングは難しい

画像でスマホでちょっと表示されて、見る人の目を引きつけられることがブランディングができるできるです。ですから、TwitterやFacebookではブランディングは難しいでね!これらのメディアで行うにはパーソナルブランディングを行う必要があります。経営者などの人間力の発揮や技術的な専門性をアピール事はできますが、ユーザーの感性に訴えるならInstagramですね。なにより、Instagramには、AI(人工知能)型 Instagram 自動集客システムを利用することができます。ビジネスユーザーには、かなり効果的なツールです。

NTTコム リサーチが行った「第7回 企業におけるソーシャルメディア活用」に関する調査結果によると、Twitter・Facebookともに「企業全体のブランディング」に活用している企業が約5割に上ることがわかり、また約4分の1の企業が「特定製品やサービスのブランディング」に活用していると答えています。

はたして本当にSNSでブランディングはできるのか?

売上アップにはブログの重要

お客様を集めるという点でもブログは重要です。つまり、インバウンドマーケテイングを行うことができます。通常のWebサイトは、即売りを目的に作られています。結果、ユーザーは信頼感を企業に持ちません。それよりもリアルなブログの方がロイヤリティを獲得しやすいのも事実です。ブログを見て商品を購入する人は少なくありません。できるだけ誠実に商品おデメリットまで書き込むと多くのユーザーのロイヤリティを獲得することができます。結果的には売上をアップすることができます。

戦略的に活用するInstagramとブログ

Instagramだけ頑張ってもリアルな成果は得にくいのも事実です。SNSだとスモールビジネスだとFacebookが効果的ですが、ブランディングをしてインバウンドマーケティングを行うにはブログとInstagramになるでしょう。もちろん、業種によります。ですがこれからの時代デザインはビジネスにはとても重要ですから、まだ利用していない企業は、Instagraの活用をブランディング目的で利用することは可能です。

SNSとWebサイトで見込客を増産するためには?

SNSとWebサイトで見込客を集めるために

Webで業績アップや売上アップを狙うなら、まず、マーケティングを学ぶ必要があります。AIDMAの法則では、ターゲット層がまず、あなたの商品やサービスの存在をしているのか?そして、それはターゲットから価値を感じてもらっているのか?この問に応えないと業績アップに導くウェブサイトは作れません。まず、ターゲットが、自社の商品やサービス・製品にどんな価値を提供いてくる商品なのかと言う前に存在を知ってもらう必要があります。それには、以前は様々な広告が必要でしたが、現在はSNSでそれを果たせます。もちろん、SNS広告という手もあります。

SNSとウェブで販売力拡大

ターゲットにSNSでまず知ってもらうこと

自社のSNSのフォロワーは、自社の見込客予備軍と考えればいいのです。その予備軍を増やすことで、見込客を増やすことができます。それには、まず、自社を知ってもうための行動が必要です。その目的だけにSNSを活用するれば良いのです。ですから、出来るだけ目を引く画像が必要になります。そして、フォロワー数と更新度が重要になります。ですから、フォロワー数を集めるには、AI(人工知能)型 Instagram 自動集客システムを利用することを薦めます。経済的に考えれば、このシステムを利用することの利益を考えるべきです。

もともと、「SNSは無料だから」なんて考えでは、「ダダより高いものはない」のことように時間だけを浪費して、せっかくのビジネスチャンスを逃してしまします。

ホームページ診断
動画で見るホームページ診断と対策

SNSからWebへ見込み客を

その比率を高めるにはのフォロワー数をそれなリに確保できたら、次は、SNSからWebに見込客候補を見込客に育てます。SNSからWebへの流れる数は、アナリテックスでわかります。その比率を高めるには、どうしたらいいのかを考えます。SNSで集客をしてしまうとWebやブログには人は流れません。そこが問題となるのです。できればキャンペーンなどのでノベルティンを提供してもウェブに呼び込んでください。

メールを使わなっくてもセールオファーは出来る。

Webに呼び込んだ見込客には、メールを登録してもらうためのノベルティーやダウンロード資料を作成します。そして、その編みに掛からなかった見込客予備軍には、SNSのメッセージ機能を利用して、オファーをすることができます。そして、Webに呼び込んで、MA(マーケティングオートメーション)で見込客を育成して、顧客にします、

このように簡単に行かない

SNSとWebサイトをこのように利用しても、すぐに結果出るものではなく、また成果を得るまでには、SNSのコンテンツやウェブサイトのコンテンツを修正する必要があります。ですがこの方法で改善方法が見えてきます。改善ができれば、一次の売上一次の売上ではなく、継続した売上拡大ができます。

CRM BIツールを使って営業力強化

どのSNSが自社にあっているのか?

SNSを自分の好き嫌いで決めないでください。自社のターゲットが一番利用しているSNSを利用するべきです。そんなケースでは拡散率の高いのが、意外とTWitterです。Facebookでは、個人が特定しやすいので、先々のマーケティングにはとても利用しやすいSNSです。Instagramは、飲食店やお店関係のインスタ映えする画像を提供できるビジネスにおすすめです。またLINEは、ターゲットが主婦やWebリテラシーの低いターゲットとなります。

製造業やBtoBの事業なら事業ならCRMでSNSを追跡する

製造業やBtoBの事業ならSNSの利用している企業の担当や経営者を追跡することで、ターゲットの抱えている課題や考え方をリサーチすることが出来ます。それら向けにWebやブログで対策などのコンテンツをSNSで紹介することも出来きます。CRMを使えば、より機能的にターゲットや見込客を追跡することがが出来ます。モノ売れにくい時代には、今までと同じことをしても成長はありません。

ホームページ診断
動画で見るホームページ診断と対策

SNSで売上UPを本気で狙ってみる!

今更、SNSで売上アップできるのか?やっぱりWebか?

セブンイレブン「ホットビスケット」のSNS拡散に見習って、自社商品やサービスをSNSで拡散させて売上拡大ができるのか? セブンイレブンだからSNSの拡散に成功したのか?自社の商品では出来ないのか?を考えてみた。現実に弊社クライアントでFacebookを活用して年間2棟の住宅受注に成功した工務店の社長がいました。この社長ケースでは、一日15分程度の弊社のコンサルティングをう受けFacebookを利用するルールや社内ルールをしっかりと作りそれを実行しました。

しかし、今の時代、FacebookよりInstagramやPinterestの方がビジネス効果はありそうだと感じるでしょう。しかし、このセブンイレブン「ホットビスケット」の拡散の第一歩はTWitterなのです。そこで、2016 株式会社ガイアックスの資料に基づき考えてみた。

企業やブランドの公式アカウントとつながっている(いいね!やフォロー、友だちに追加など)SNSは?

企業やブランドの公式アカウントとつながっているSNSは、圧倒的にFacebookが多いようですが、LINEもスタンプの取得などで企業やブランドの公式アカウントとつながっている人が多くいるSNSですね。そこで、2016 株式会社ガイアックスの資料で気になって点を抜粋してみました。

Q:ソーシャルメディア上で接点のある企業の投稿を見て、企業の商品やサービスを購入・利用したことがある?
A:たまにある48%・よくある12%

Q:ソーシャルメディアで情報を得るようになってから、そのブランドや企業の商品を購入しましたか?
A:ソーシャルメディアは9割以上の人の購買意欲に影響する

ソーシャルメディアの重要性(調査データー集)で分かるようにSNSはブランディングも生み出し、他のメディアよりもユーザーと結ばれ易い特性があります。

SNS活用の問題点は?

むず、無料であることから、いい加減に扱われやすいく、継続的に利用できない企業が多いことです。SNSに企業が参加して、その企業が中途半端なSNSの利用していると、ブランディングが構築できないどころか、ユーザーに好まれなくなります。いわゆるマイナスです。もう一点は、時間の浪費に繋がるということです。しかし、Instagramでは、AI(人工知能)型 Instagram 自動集客システムを利用するとビジネスターゲットのフォロワーを低額で獲得することができます。実際利用している企業から聞いた話ですが、信じられないAIのチカラを知ったと担当が入っていました。

「あなたのお店に顧客が増える!」その秘密はこの動画をご覧ください。

画像や動画でコミュニケーションをする時代のSNS

TwitterやFacebookは、文字の要素でコミュニュケーションされますが、Instagramなのでは、画像や動画によりユーザーの目を引く必要があります。例えば、飲食店ならメニューや美容系なら仕上がりの画像など、きれいな画像や美味しそうな画像を見ていると人は行動を起こしやすくなります。また、自分のお店の商品やメニューをInstagramなどに投稿してもらい、1ヵ月に一度、アワード企画で、素敵な画像の人にランチ無料券を提供するなど様々な売上UPのためのプランがB to Cの事業では可能です。

B to Bの事業のSNS活用

B to Bの事業では、低価格のSNS広告を利用することをオススメします。できるだけアクションのある動画やモーションを利用することをおすすめします。motionelements.comで動画素材やSNS用の素材でコマーシャル動画を制作し、配信することをおすすめします。ちょっと僕も無料の素材でビデオを作ってみました。

まだまだ、SNSを本気になってやれば、ウリアがアップは出来ます。しかし、そこに到達できるまでの時間的な問題やモチベーションは計り知れません。できれば、決まった時間に数風利用するだけで、売上UPにつながる仕組みを作りましょう。まず、フォロワ~はAUIを使って、新メニューは常にアプロードして、お客様には、必ず食べた感想や幸せになった笑顔を投稿してもらうえるような仕組みが必要です。自分のフォロワーではなく、お客様に口コミをしもらえる色見づくりを考えましょう。

週間無料メールマガ 「業績アップのためのメーケティング」購読申し込み!

ホームページで業績アップの実現・経営情報・メールマガジン会員向けのお得なキャンペーン情報などなどてんこ盛りの情報で、あなたの会社の業績をアップさせるためのネタを送ります。正しいマーケティングの知識を学んで継続的に自社の成長を加速させましょう。






メールマガ登録




















SNSで実現させる業績UPのWebマーケティング(プロダクトローチン編)

SNSとWebマーケティング

SNSの利用は無料ですが、ビジネスでSNSに活用しようと考えても、なかなかハードルが高いと感じているマーケッターは少なくないでしょう。それは、SNSには、SEO対策で得られる潜在顧客のバックグラウンドがないからです。強いて言うならば、SNS広告で地道に獲得したフォロワーより遥かに多い数のSNSユーザーに情報を届けることが出来ます。

スマホ ホームページ制作松本

また、インスタグラムでは、フォロワーをAIで獲得してくれるサービスもあります。
しかし、いくらフォロワーを獲得してもそこからリアルなビジネスに繋げるための手法が必要になります。今回は、プロダクトローンチについて、紹介します。

プロダクトローチン 松本市ホームページ制作

SNSをプロダクトローンチにより見込み客を顧客化する

プロダクトは「商品」・ローンチとは、「立ち上げる、打ち上げる」という意味です。この方法がハマると信じられない位の売上UPに繋がります。ランディングページと言われる縦長のセールスホームページであれば、そのページだけで売り込みを完了します。プロダクトローンチではこれを横に倒して分割し、見込み客を教育して、売り込みの要素を一番最後に持ってくることができたのです。このシステムをSNS広告から呼び込みステップメールシステムで、アピールするシステムです。

SNSには、ランディングページとメールシステムで売上拡大を狙う!

SNS単独では、収益を獲得することが出来ません。ランディングページで価値ある情報をダウンロードしてもらい、そのメールアドレスにステップメールで送信するまでの準備が必要になります。何もしないで簡単に売上拡大ができる方法は、この世にありません。しかし、営業マンが走り回る苦労に比べれば、ほんの少しの努力で売り上げが拡大ができるのも事実です。

SNSのビジネス活用について

50%以上のユーザーがSNSが購入きっかけ

Facebook、Twitter、Instagram(インスタグラム)、LINEなどのSNSを利用するユーザーは増加し続けています。若者ばかりではなく40代、50代以上の方でもLINEを連絡手段として利用してます。若者が中心ですが、SNSから何かを購買したという調査では、50%を超えています。あなたのビジネスでも上手に活用することをおすすめします。またスマートフォンの普及により消費者行動も変化しており、最近では消費者が企業や商品との心理的な距離が重視されるようになっています。

http://www.trenders.co.jp/wordpress/corporate/wp-content/uploads/2016/05/mpr20160511.pdf

引用:トレンダーズ、女性のSNS利用と消費行動に関する調査を実施|トレンダーズ株式会社

ユーザとのミュニュケーション・ブランディングにSNSを活用する

そのため、TwitterやFacebookなどのSNSを商品プロモーションや消費者とのコミュニケーションやブランディングに利用する企業やお店が増えています。

費用対効果を考えて使うSNS

ただ闇雲にSNSでフォロワーを増やしたり、商品宣伝をしても、時間的なロスが最終的に費用対効果が得られないツールになってしまいます。逆にSNS広告を利用するこで、費用対効果が高いSNS活用ができます。また、 Instagram では AI(人工知能)型 Instagram 自動集客システムでターゲットのフォロワーを増やすことも出来ます。忙しい仕事の中、無料だと行ってSNSを利用しても、リアルな効果を得るまでには時間がかかります。SNSマーケティングを理解してビジネスに活用しましょう。

ホームページ制作 松本 WebATFでは、コンサルティング型ウェブ制作サービスの一環として、SNSツールの活用や連携のアドバイス・指導などをこなっています。

SNSでプロモーションでちょっとした経費で売上拡大に挑戦する

ホームページが着地地点のSNSを活用したプロモーション

ホームページを着地地点としたSNSの活用なのですが、まず、SNSからホームページへの誘導は意識して、企業ウェブ担当様やお店から送る必要はありません。このプロモーションは、お客様がその友達に拡散してもらうためにプロモーションです。ですから、仕掛け作りは必要ですが、企業のウェブ担当様やお店の方が直接SNSに時間を使うこともありません。

企業やお店が情報をユーザに拡散するのではなく、お客様にユーザーに拡散してもらうプロモーションを行ってみては如何でしょうか?

SNS ホームページ制作 松本

SNSにウェブ担当様やお店のSNSを使ってはいけないのか?

十分な時間を使わければ、SNSで効果を得ることはなかなか難しいのが現実です。特にインスタグラムなのでは、インスタ映えという言葉が流行するように、画像を中心とします。インスタ映えする画像が、常に供給できる業態なら良いのですが、すべての企業にインスタ映えする画像が提供できるお思えません。また、拡散するや「いいね!」の獲得に時間と手間がかかりすぎて、ビジネス効果が得られません。

お客様にSNSの拡散をしてもうためのプロモーション

企業やお店の方がSNSを利用して、情報を発信するのではなく、商品やサービスを使ってもらったお客様にSNSを使って、喜びの表情などを拡散してもらうシナリオやプロモーションを行う。理由としては、売り手側のSNSも、今や信頼性のない情報となり、実際の商品購入者などのSNSの投稿の方がユーザーへのアピール度や信頼度が高いのです。また、Facebookなどでは、新しいユーザーにアプローチです。

例:ランチをインスタで拡散してもらコーヒーが100円とか無料とか?
リフォームの完成の家族の喜びの画像をインスタやFacebookに投稿してもらうと記念品プレゼント

上記を最終的にホームページコンテンツとして、ユーザーボイス(お客様の声)としても活用できます。

自社の顧客を知るためのウェブとは?「顧客と同じメガネを掛ける」必要性

ウェブサイトのアクセス解析で自社のユーザーの同行を知る

営業マンや経営者の勘に頼らず、自社の潜在顧客は、どのようなコンテンツに興味を示しているのかをGoogle アナリティクスのアクセス解析を分析することができます。更にマーケティングツールなどや分析しやすいページコンテンツを用意してウェブサイト制作・ホームページ制作・SNSコンテンツ更新を行うことで、更に制度の高い顧客情報を得ることができます。また、その情報に基づき、マーケティング・オートメーションのようにユーザーに好みの情報を提供してアプローチすることができます。

ホームページ制作 松本市 顧客を見る

顧客を知るには、顧客と同じメガネを掛ける必要があります。そのメガネは、アクセス解析TOOLを可視化することことから始まります。

ウェブをデジタルマーケティングの視点で捉える

データドリブンの概念を利用して、ビッグデータに利用しなくても、データの収集・データの可視化・アクションプランの検討・アクションプランの実行からPDCAとマーケティングの幅でて、営業をするときの良きデータにもなります。ウェブサイトやSNS活用する目的を業績拡大だと設定するのであれば、ウェブサイトを見込み客を競合他社より早く見つけるというツール考えることと同様に「顧客を知る」というツールとして活用できるのではないでしょうか。そして、顧客と同じ眼鏡をかけて、自社の販売方法や商品・サービスを考えて見る必要性があります。

ウェブで売りやすい商品とそうでない商品

ウェブサイトがなくても小さなビジネスではSNSだけで十分ビジネス効果は得られる

弊社が受注をお断りするケースがあります。そのケースでは、オーダーをされるビジネスに問題があるからです。つまり、弊社では成功要因の感じられないケースでは、受注を引き受けない場合があります。

わかりやすくお伝えすると他店舗展開していない規模の個人営業の飲食店・美容サロン・その他の個人の事業となります。何故ならば、ウェブサイト制作では、ウェブ制作の費用対効果が得られずビジネス効果を得られない点にあります。弊社では、都内・大阪に数店ある大型美容院などの仕事はしていますが、個人の美容院では、ベネフィットを与えられないと判断しています。それらのビジネスでは、LINEやFACEBOOKなどのSNSの方が効果的だからです。

ブログを書く

ECサイトは標準化した商品を扱う

逆に売りやすい商品とは、住宅・リフォーム・その他のサービス業・B TO Bのビジネスとなります。商品・サービス・製品が標準化していない複雑な商品です。ECサイト(ネット通販サイト)ではその反対に標準化した商品でユーザーが、その商品の見分けがある程度できるような商品となります。簡単に言ってしまえば、アマゾンで売っているような商品です。

何か矛盾しているように感じるかもしれませんが、通常のウェブサイトでは、複雑な標準化されていない商品。その逆にECサイトなら、標準化した商品になるのです。複雑で標準化されていない商品は、ウェブサイトでの説明や資料請求などを必要とします。ユーザーは、標準化されていない商品を販売している企業や商品などの情報を多く必要とするからです。ですから、それらの商品・サービス・製品を扱う企業では、当然のように充実したコンテンツのウェブサイトが必要になります。

ビジネスブログが問題を解決してくれる

また、標準化・非標準化した商品を扱っていても、ウェブサイト・SNSの他の選択もあります。それはビジネスブログを書くということです。仕事への情熱やユーザーへの思いを書くことは、どちらの形態のビジネスでも有効なマーケティング作業となります、

自社のウェブサイトを支援するためのSNS

SNSで自社サイトをバックアップ

まず、目的を設定してSNSを使い分けることをオススメします。たた、SNSにブログの更新を知らせるだけでは意味がありません。そこで、弊社も現在作成中のSNSの最適化をここで紹介いたします。まず、無料のサービスだと言っていい加減に扱わないでください。そして、担当の配備や計画をしっかり持って行うことをオススメします。もちろん、手間な作業です。しかし、その面倒くさいことを行わないとSNSでウェブサイトの支援も出来ません。そして、ウェブをビジネスに活用することが出来ないのです。

nike Instagram

上記は、ナイキのInstaのです。

また、その逆に、しっかりとSNSを運営していれば、信じられないほどのビジネス効果も得ることは出来ます。

最低利用したい3つのSNS

ビジネスでは、まず、Facebookページを作る必要があります。それを基本に他のSNSをどう目的を区別するかを以下でお伝えします。

1.Facebookページは、全体のインフォメーションと考えてください。ブログの更新シエアを主に利用してください。
2.インスタグラム(Instagram)では、画像を中心にします。レストランなら全てのメニュー。住宅会社では、スタイルのいい住宅の画像だけ。
3.Twitterでは、Facebookを利用していないユーザーにアピールします。

上記のように、とても手間な作業を行うことで、SEO対策の不足分を稼ぐことが出来ます。それぞれのSNSの特出にあった使いかをしてください。

SNSに社内担当を分ける

ブログを更新する人がすべての作業を行うと非常にハードワークになり、そして、長続きません。大切なのは、SNSの時代になれることです。また、一つのSNSを担当するだけなら、一日に時間の空いた10分程度で作業は完了します。大切なのは、ウェブに不慣れな社員もウェブになれることです、一人のウェブ担当にすべてを任せてはいけません。

例えば、工務店などの住宅会社ならば、現場監督がインスタグラム(Instagram)で現場写真だけを投稿し、それをブログ担当がブログとして記事にすることも出来ます。Twitterはお客様担当の仕事にするとか、社内一丸となって行うことをオススメします。ウェブリテラシーの高い企業に成長させることも出来ます。そして、最後はウェブサイトの成長期待できます。

SNSを複数持っている人は?

簡単にできる顧客を巻き込んだウェブマーケティング

参加型ウェブサイトの時代は終わった

掲示板などを設置した参加型ウェブサイトより、現在は。知恵袋型ウェブサイトの方が人気があるようだ。しかし、更にユーザーを巻き込むにはSNSを利用する方が簡単で、ユーザーの心を掴めます。Facebook・TWitterだけでなく、YouTubeやインストグラムなども効果的だ。またLINEの活用も視野に入れたほうがいいでしょう。

SNS

SNSから最後は自社サイトに呼び込むマーケティング

SNSでユーザーを巻き込んだイベントやグループを作ってブランディングをしたり、インストグラムやTwitterハッシュタグで連携を構築することは簡単にできるます。この作業するための祭壇の問題点は時間というファクターです。無料のツールですが、グーループを作ったり、会員同士でコミュニティが作れます。ホームページだけで同様のサービスを行うには経費があまりにも掛かり過ぎます。また、利用者の拡大には多くの手間と経費が掛かります。SNSを利用したホームページ制作が必要です。

SNSの時代のホームページ作り

SNSシステムがとても便利で高度なプログラムを活用しています。そして、このサービスを利用するユーザーの特徴は、スマホでSNSを楽しむということです。インストグラムのようにスマホ専用のサービスもあります。ですからSNSからホームページに呼び込む時にはスマ対応サイトであってもTOPページもできるだけ単純に創り上げると逝くことです。スマホで利用しやすいホームページ作りがポイントです。

今更聞けないSNSのまとめ

SNSよりSEO対策・アクセス数よりコンバージョン

ホームページで見込客を獲得するには?SNSに力を入れるよりSEO対策、アクセス数よりコンバージョン

ホームページで見込客を獲得するには?レスポンスがあるFacebookなどのSNSに力を入れがちですが、目的を持った検索サイトからの方が見込客を遥かに獲得しやすい。つまりSEO対策は必要だということです。そして、ただのアクセス数よりコンバージョン率(目的達成率)が実勢の見込客獲得に率を高めます。

SEO対策よりSNS?

SNSよりSEO対策、その理由

FacebookなどのSNSは、レスポンスがありビジネスに期待できるように感じるが、Facebookなどのユーザーは、あなたのビジネスの商品やサービスを探しているのではなく、「人と繋がる」という目的の時間消費をしています。しかし、検索サイトを利用するユーザーの目的は、何かを探している・何かを調べていることです。つまり、目的を持った人を呼び込むのがSEO対策となります。あなたのビジネスのコンテツを求める人にアプローチをした方がビジネスには効果的です。もちろん、SNSが何の効果もないというわけではありません。

アクセス数よりコンバージョン達成率が見込客獲得に繋がる

どんなにアクセスを集めてもお問合せや見積依頼・資料請求にユーザーがたどり着ければ意味がありません。つまり、アクセスを増やすよりも見込客を獲得する為には、お問合せや見積依頼・資料請求にユーザーを呼び込む仕掛けが大切になります。そして、サイトに訪れるユーザーの傾向を知ることです。初めてサイトに訪問したユーザーとあなたのビジネスを検討して訪問したユーザーでは、見るページそのものも異なります。そのような状況から如何にお問合せや見積依頼・資料請求依頼を獲得するためには様々な仕掛けが必要だということです。

SEO対策とコンバージョン率向上のまとめ

SEO対策に力を入れるとコンバージョン率が下がります。コンバージョン率を高めようとするとSEO対策が疎かになります。つまり、この両者にはバランスが必要となります。それは経験値より割り出されます。SNSをやっていなくても十分見込客を獲得しているホームページは沢山あります。しかし、上記が疎かでSNSばっかりに力を入れてもホームページからなかなか見込客は獲得できません。もちろんサービスやビジネスによってその差はあります。

あなたのビジネスによるホームページ制作目的に沿ったウェブマーケティングが必要になります。

自分でできるSEO対策とビジネスブログ

10月30日のFacebookの決算で、新規ユーザーが45%拡大されたと報じられました。その内訳でスマートフォン向け広告収入の売上拡大がFacebookの決算の好結果に影響したようだ。

しかし、友達との繋がりにより時間消費をするSNSのビジネス運営だけでは、インターネット上のビジネスは成果を得られない。そしては、大手企業や有名アーティストでない限り、Facebookの「いいね!」の数もしれている。それに比べて、「何かを買おう!」「仕事を依頼したいのだけど」などと考えているネットユーザーは検索サイトを利用する。

SEO OK

であるならば、やはりSEO対策に力を入れるべきだ。
もちろん、高価なSEO対策会社にそれを依頼するには・・・?そんなユーザーのためにATFでは、セミナーや低価格のSEO対策プラン・サービスを提供する。
セミナーは、現在(11月1日)予定予約人数に足しましたが、席数は5程度余裕があるらしいので、参加してみるのも良いのでは?

SEO対策もスマートフォンホームページ
新規クラウドサービス事業で、よりウェブサイトやホームページを支援いたします

稼げるビジネスブログセミナー
● 11 月 13 日(水)10:00~12:00
他社と差別化出来るビジネスブログの作り方。
アクセスを高め集客に効果のあるブログ術。
ネブログタの作り方。

自分でできる SEO セミナー
● 11 月 13 日 ( 水 )13:00~15:00
ホームページのアクセスアップ術 自分でもできる検索エンジン最適化手法 アクセスを引き寄せるキーワード設定 Google の考え方

ホームページ集客方法セミナー
● 11 月 28 日(木)10:00~12:00
自分でもできる集客できるホームページカスタム術
だれも教えてくれない集客を拡大するためのホームページカスタム術。

成功するECショップ・インターネット通販ショップサイト作りセミナー
● 11 月 28 日 ( 木 )13:00~15:00
インターネット通販ショップサイト作りセミナー
これから始める方・ショップサイト運営中の方へ
「こうすれば売れる! EC サイト」の法則を分かりやすく教えます。

詳しくはこちらから»

まずは、お電話・メールで
ご相談ください。

「ホームページ制作成功の秘密」の
DVDと資料をお届けします。

Web制作に関する相談専用ダイヤル
メールアドレスだけでお問い合わせ
小さな会社のマーケティングとは