SNS

SNSでプロモーションでちょっとした経費で売上拡大に挑戦する

ホームページが着地地点のSNSを活用したプロモーション

ホームページを着地地点としたSNSの活用なのですが、まず、SNSからホームページへの誘導は意識して、企業ウェブ担当様やお店から送る必要はありません。このプロモーションは、お客様がその友達に拡散してもらうためにプロモーションです。ですから、仕掛け作りは必要ですが、企業のウェブ担当様やお店の方が直接SNSに時間を使うこともありません。

企業やお店が情報をユーザに拡散するのではなく、お客様にユーザーに拡散してもらうプロモーションを行ってみては如何でしょうか?

SNS ホームページ制作 松本

SNSにウェブ担当様やお店のSNSを使ってはいけないのか?

十分な時間を使わければ、SNSで効果を得ることはなかなか難しいのが現実です。特にインスタグラムなのでは、インスタ映えという言葉が流行するように、画像を中心とします。インスタ映えする画像が、常に供給できる業態なら良いのですが、すべての企業にインスタ映えする画像が提供できるお思えません。また、拡散するや「いいね!」の獲得に時間と手間がかかりすぎて、ビジネス効果が得られません。

お客様にSNSの拡散をしてもうためのプロモーション

企業やお店の方がSNSを利用して、情報を発信するのではなく、商品やサービスを使ってもらったお客様にSNSを使って、喜びの表情などを拡散してもらうシナリオやプロモーションを行う。理由としては、売り手側のSNSも、今や信頼性のない情報となり、実際の商品購入者などのSNSの投稿の方がユーザーへのアピール度や信頼度が高いのです。また、Facebookなどでは、新しいユーザーにアプローチです。

例:ランチをインスタで拡散してもらコーヒーが100円とか無料とか?
リフォームの完成の家族の喜びの画像をインスタやFacebookに投稿してもらうと記念品プレゼント

上記を最終的にホームページコンテンツとして、ユーザーボイス(お客様の声)としても活用できます。

自社の顧客を知るためのウェブとは?「顧客と同じメガネを掛ける」必要性

ウェブサイトのアクセス解析で自社のユーザーの同行を知る

営業マンや経営者の勘に頼らず、自社の潜在顧客は、どのようなコンテンツに興味を示しているのかをGoogle アナリティクスのアクセス解析を分析することができます。更にマーケティングツールなどや分析しやすいページコンテンツを用意してウェブサイト制作・ホームページ制作・SNSコンテンツ更新を行うことで、更に制度の高い顧客情報を得ることができます。また、その情報に基づき、マーケティング・オートメーションのようにユーザーに好みの情報を提供してアプローチすることができます。

ホームページ制作 松本市 顧客を見る

顧客を知るには、顧客と同じメガネを掛ける必要があります。そのメガネは、アクセス解析TOOLを可視化することことから始まります。

ウェブをデジタルマーケティングの視点で捉える

データドリブンの概念を利用して、ビッグデータに利用しなくても、データの収集・データの可視化・アクションプランの検討・アクションプランの実行からPDCAとマーケティングの幅でて、営業をするときの良きデータにもなります。ウェブサイトやSNS活用する目的を業績拡大だと設定するのであれば、ウェブサイトを見込み客を競合他社より早く見つけるというツール考えることと同様に「顧客を知る」というツールとして活用できるのではないでしょうか。そして、顧客と同じ眼鏡をかけて、自社の販売方法や商品・サービスを考えて見る必要性があります。

ウェブで売りやすい商品とそうでない商品

ウェブサイトがなくても小さなビジネスではSNSだけで十分ビジネス効果は得られる

弊社が受注をお断りするケースがあります。そのケースでは、オーダーをされるビジネスに問題があるからです。つまり、弊社では成功要因の感じられないケースでは、受注を引き受けない場合があります。

わかりやすくお伝えすると他店舗展開していない規模の個人営業の飲食店・美容サロン・その他の個人の事業となります。何故ならば、ウェブサイト制作では、ウェブ制作の費用対効果が得られずビジネス効果を得られない点にあります。弊社では、都内・大阪に数店ある大型美容院などの仕事はしていますが、個人の美容院では、ベネフィットを与えられないと判断しています。それらのビジネスでは、LINEやFACEBOOKなどのSNSの方が効果的だからです。

ブログを書く

ECサイトは標準化した商品を扱う

逆に売りやすい商品とは、住宅・リフォーム・その他のサービス業・B TO Bのビジネスとなります。商品・サービス・製品が標準化していない複雑な商品です。ECサイト(ネット通販サイト)ではその反対に標準化した商品でユーザーが、その商品の見分けがある程度できるような商品となります。簡単に言ってしまえば、アマゾンで売っているような商品です。

何か矛盾しているように感じるかもしれませんが、通常のウェブサイトでは、複雑な標準化されていない商品。その逆にECサイトなら、標準化した商品になるのです。複雑で標準化されていない商品は、ウェブサイトでの説明や資料請求などを必要とします。ユーザーは、標準化されていない商品を販売している企業や商品などの情報を多く必要とするからです。ですから、それらの商品・サービス・製品を扱う企業では、当然のように充実したコンテンツのウェブサイトが必要になります。

ビジネスブログが問題を解決してくれる

また、標準化・非標準化した商品を扱っていても、ウェブサイト・SNSの他の選択もあります。それはビジネスブログを書くということです。仕事への情熱やユーザーへの思いを書くことは、どちらの形態のビジネスでも有効なマーケティング作業となります、

自社のウェブサイトを支援するためのSNS

SNSで自社サイトをバックアップ

まず、目的を設定してSNSを使い分けることをオススメします。たた、SNSにブログの更新を知らせるだけでは意味がありません。そこで、弊社も現在作成中のSNSの最適化をここで紹介いたします。まず、無料のサービスだと言っていい加減に扱わないでください。そして、担当の配備や計画をしっかり持って行うことをオススメします。もちろん、手間な作業です。しかし、その面倒くさいことを行わないとSNSでウェブサイトの支援も出来ません。そして、ウェブをビジネスに活用することが出来ないのです。

nike Instagram

上記は、ナイキのInstaのです。

また、その逆に、しっかりとSNSを運営していれば、信じられないほどのビジネス効果も得ることは出来ます。

最低利用したい3つのSNS

ビジネスでは、まず、Facebookページを作る必要があります。それを基本に他のSNSをどう目的を区別するかを以下でお伝えします。

1.Facebookページは、全体のインフォメーションと考えてください。ブログの更新シエアを主に利用してください。
2.インスタグラム(Instagram)では、画像を中心にします。レストランなら全てのメニュー。住宅会社では、スタイルのいい住宅の画像だけ。
3.Twitterでは、Facebookを利用していないユーザーにアピールします。

上記のように、とても手間な作業を行うことで、SEO対策の不足分を稼ぐことが出来ます。それぞれのSNSの特出にあった使いかをしてください。

SNSに社内担当を分ける

ブログを更新する人がすべての作業を行うと非常にハードワークになり、そして、長続きません。大切なのは、SNSの時代になれることです。また、一つのSNSを担当するだけなら、一日に時間の空いた10分程度で作業は完了します。大切なのは、ウェブに不慣れな社員もウェブになれることです、一人のウェブ担当にすべてを任せてはいけません。

例えば、工務店などの住宅会社ならば、現場監督がインスタグラム(Instagram)で現場写真だけを投稿し、それをブログ担当がブログとして記事にすることも出来ます。Twitterはお客様担当の仕事にするとか、社内一丸となって行うことをオススメします。ウェブリテラシーの高い企業に成長させることも出来ます。そして、最後はウェブサイトの成長期待できます。

SNSを複数持っている人は?

簡単にできる顧客を巻き込んだウェブマーケティング

参加型ウェブサイトの時代は終わった

掲示板などを設置した参加型ウェブサイトより、現在は。知恵袋型ウェブサイトの方が人気があるようだ。しかし、更にユーザーを巻き込むにはSNSを利用する方が簡単で、ユーザーの心を掴めます。Facebook・TWitterだけでなく、YouTubeやインストグラムなども効果的だ。またLINEの活用も視野に入れたほうがいいでしょう。

SNS

SNSから最後は自社サイトに呼び込むマーケティング

SNSでユーザーを巻き込んだイベントやグループを作ってブランディングをしたり、インストグラムやTwitterハッシュタグで連携を構築することは簡単にできるます。この作業するための祭壇の問題点は時間というファクターです。無料のツールですが、グーループを作ったり、会員同士でコミュニティが作れます。ホームページだけで同様のサービスを行うには経費があまりにも掛かり過ぎます。また、利用者の拡大には多くの手間と経費が掛かります。SNSを利用したホームページ制作が必要です。

SNSの時代のホームページ作り

SNSシステムがとても便利で高度なプログラムを活用しています。そして、このサービスを利用するユーザーの特徴は、スマホでSNSを楽しむということです。インストグラムのようにスマホ専用のサービスもあります。ですからSNSからホームページに呼び込む時にはスマ対応サイトであってもTOPページもできるだけ単純に創り上げると逝くことです。スマホで利用しやすいホームページ作りがポイントです。

今更聞けないSNSのまとめ

SNSよりSEO対策・アクセス数よりコンバージョン

ホームページで見込客を獲得するには?SNSに力を入れるよりSEO対策、アクセス数よりコンバージョン

ホームページで見込客を獲得するには?レスポンスがあるFacebookなどのSNSに力を入れがちですが、目的を持った検索サイトからの方が見込客を遥かに獲得しやすい。つまりSEO対策は必要だということです。そして、ただのアクセス数よりコンバージョン率(目的達成率)が実勢の見込客獲得に率を高めます。

SEO対策よりSNS?

SNSよりSEO対策、その理由

FacebookなどのSNSは、レスポンスがありビジネスに期待できるように感じるが、Facebookなどのユーザーは、あなたのビジネスの商品やサービスを探しているのではなく、「人と繋がる」という目的の時間消費をしています。しかし、検索サイトを利用するユーザーの目的は、何かを探している・何かを調べていることです。つまり、目的を持った人を呼び込むのがSEO対策となります。あなたのビジネスのコンテツを求める人にアプローチをした方がビジネスには効果的です。もちろん、SNSが何の効果もないというわけではありません。

アクセス数よりコンバージョン達成率が見込客獲得に繋がる

どんなにアクセスを集めてもお問合せや見積依頼・資料請求にユーザーがたどり着ければ意味がありません。つまり、アクセスを増やすよりも見込客を獲得する為には、お問合せや見積依頼・資料請求にユーザーを呼び込む仕掛けが大切になります。そして、サイトに訪れるユーザーの傾向を知ることです。初めてサイトに訪問したユーザーとあなたのビジネスを検討して訪問したユーザーでは、見るページそのものも異なります。そのような状況から如何にお問合せや見積依頼・資料請求依頼を獲得するためには様々な仕掛けが必要だということです。

SEO対策とコンバージョン率向上のまとめ

SEO対策に力を入れるとコンバージョン率が下がります。コンバージョン率を高めようとするとSEO対策が疎かになります。つまり、この両者にはバランスが必要となります。それは経験値より割り出されます。SNSをやっていなくても十分見込客を獲得しているホームページは沢山あります。しかし、上記が疎かでSNSばっかりに力を入れてもホームページからなかなか見込客は獲得できません。もちろんサービスやビジネスによってその差はあります。

あなたのビジネスによるホームページ制作目的に沿ったウェブマーケティングが必要になります。

自分でできるSEO対策とビジネスブログ

10月30日のFacebookの決算で、新規ユーザーが45%拡大されたと報じられました。その内訳でスマートフォン向け広告収入の売上拡大がFacebookの決算の好結果に影響したようだ。

しかし、友達との繋がりにより時間消費をするSNSのビジネス運営だけでは、インターネット上のビジネスは成果を得られない。そしては、大手企業や有名アーティストでない限り、Facebookの「いいね!」の数もしれている。それに比べて、「何かを買おう!」「仕事を依頼したいのだけど」などと考えているネットユーザーは検索サイトを利用する。

SEO OK

であるならば、やはりSEO対策に力を入れるべきだ。
もちろん、高価なSEO対策会社にそれを依頼するには・・・?そんなユーザーのためにATFでは、セミナーや低価格のSEO対策プラン・サービスを提供する。
セミナーは、現在(11月1日)予定予約人数に足しましたが、席数は5程度余裕があるらしいので、参加してみるのも良いのでは?

SEO対策もスマートフォンホームページ
新規クラウドサービス事業で、よりウェブサイトやホームページを支援いたします

稼げるビジネスブログセミナー
● 11 月 13 日(水)10:00~12:00
他社と差別化出来るビジネスブログの作り方。
アクセスを高め集客に効果のあるブログ術。
ネブログタの作り方。

自分でできる SEO セミナー
● 11 月 13 日 ( 水 )13:00~15:00
ホームページのアクセスアップ術 自分でもできる検索エンジン最適化手法 アクセスを引き寄せるキーワード設定 Google の考え方

ホームページ集客方法セミナー
● 11 月 28 日(木)10:00~12:00
自分でもできる集客できるホームページカスタム術
だれも教えてくれない集客を拡大するためのホームページカスタム術。

成功するECショップ・インターネット通販ショップサイト作りセミナー
● 11 月 28 日 ( 木 )13:00~15:00
インターネット通販ショップサイト作りセミナー
これから始める方・ショップサイト運営中の方へ
「こうすれば売れる! EC サイト」の法則を分かりやすく教えます。

詳しくはこちらから»

まずは、お電話・メールで
ご相談ください。

「ホームページ制作成功の秘密」の
DVDと資料をお届けします。

Web制作に関する相談専用ダイヤル
メールアドレスだけでお問い合わせ