fbpx

twitter

SNSでホームページSEO対策を補う方法

SNSを利用してホームページのSEO対策

一般の方がSEO対策を行えるのは、ホームページに常設されたブログのタイトルやコンテンツとその更新頻度になります。基本的には、このブログが重要になります。特ににブログのタイトルが求める見込客が検索サイトで探しているキーワードであるかという問題があります。もちろん、そのタイトルに沿ったキーワードを用いたブログ本文のコンテンツは必要になります。しかし、ブログの更新者の想定するキーワードと実際の見込客が探すキーワードにギャップがあったり、一つに絞れないケースがあります。また、ブログのタイトルと異なったイメージのタイトルでアピールしたいケースもあります。それらの時にSNSを利用することで、キーワードの補足や異なったキーワードでのブログのアピールが可能になります。

SNSでSEO対策

SNSの投稿にリンクを張っただけではSEO対策にならない

他のサイトから被リンクを受けるとそればけでSEO対策には効果的になります。しかし,ビジネス系のサイトでは、なかなか難しいのが現実です。ですが、自分のSNSにブログの記事のURLを張り込んでも直接的なSEO対策効果はありません。しかし、FacebookやTwitterなどでシェアされるとgoogle検索では評価対象になるようです。また、Google PLUSは効果があるようです。ですかが、検索サイト上には、あなたが書いたブログとFacebookやTwitter・Youtubeの投稿も検索されます。そこを見込客がクリックしてブログに到達すれば、ブログのアクセスが増えたということでSEO対策的にはGoogle検索の評価を稼げます。

SNSのでSEO対策の支援を

ブログ更新後に自分のSNSに自分の書いたブログ記事をシェアするときに、ヴログ記事と異なったタイトルやディスプリクションを書くことが出来ます。そのようにすれば、ブログタイトルとことなった角度のキーワードで検索サイトにエントリーすることが出来ます。ブログを書きた上にさらに手間な作業ですが、数分で終わる作業で、ビジネス効果を得られるなら行うべきだと私は考えます。

fqacebook-seo

上記の下の部分にオレンジのブログタイトルと異なったキーワードでSNSを投稿する。以下に例を表示してみました。

例:SNSとWebサイトで見込客を増産するためには? → ホームページとFacebookの連携で売上UP 

その他のSNS

インスタなどは、画像でブログに呼込むことは出来ます。動画の一部だけ見せてブログやWebサイトに呼込む方法もあります。また、はてなのブックマークを活用することもできます。

ソーシャルブックマークであるはてなのブックマークでもSNSすべてが、自分でまず投稿するしたりマーキングすることをオススメします。また社員に協力しても羅ことも重要です。

ホームページ診断
動画で見るホームページ診断と対策

ソーシャルメディアを活用できるサイトの作り方。

ソーシャルメディアで消え去ったブログの役割。生き残っている役割。という投稿をプライベートなブログで書いてみた。ソーシャルメディア時代のビジネスサイト(ビジネスブログやビジネスホームページ)とは、「どんなサイトにすればいいのか?」を考えてみた。
まず、ターゲットユーザーがTwitterなのか?Facebookなのか?Mixiなのかということは?別にしてどんなサイトがソーシャルメディア時代のビジネスサイトなのか考えてみよう!

Facebook Press Conference

ソーシャルメディア対応のビジネスサイト

ソーシャルメディアを活用したビジネスサイトの必要な条件を挙げてみた。これらの項目をサイト内で表現するべきである。

  • キュレーションされやすいコンテンツを利用する。
  • ユーザーに専門的なアドバイスを記載する。
  • ユーザーが自慢しやすいコンテンツを利用する。
  • 共有できる画像や動画を提供する。
  • 顧客のクレームやFQを充実させる。

キュレーションされやすいコンテンツを利用する。
コンテツをソーシャルメディアで紹介されやするページを制作したり、ソーシャルメディアで紹介されやすい記事作りをする。一番簡単なのが、美人写真の画像とコメントなどになるのが、その女性のビジネスへの考え方などの知っかりしたコンテンツが必要になる。つまり、ソーシャルメディアでは紹介できないセンテンスの長い特別な料理のレシピや健康法、美顔などビジネスの裏話などでも良い。
キュレーション=情報価値があり他に紹介すること。

ユーザーに専門的なアドバイスを記載する。
自己のビジネスで扱っている商品のケアの仕方やお得な利用方法。例えば、「今これを買うより次の商品の方が・・・」などのユーザーが喜ぶ情報やユーザーが知らなくても問題ない製作段階の秘話や製作者の声など特化した情報が必要だ。

ユーザーが自慢しやすいコンテンツを利用する。
よくあるお客さまの声なのだが、もっとユーザーが喜こべるものはないでしょうか?「この製品を使って、このお客さまこんな作品を・・・」と記載されていれば、そのユーザは少なくとも自分の近くにいる人にそれを自慢したくなる。または、お客様の声のクレーム的な部分も記載して、その対処方法と謝罪をする。できるだけ正直で誠実な企業イメージを獲得するためのブランディングが必要だ。

共有できる画像や動画を提供する。
綺麗な画像や面白い画像、又は動画(YouTube)などユーザーがどんどん自分のブログやソーシャルメディアで利用できる体制を作る。これが上手に行くと参加型のサイトが出来る。また、FacebookやGoogle +向けにRSSの設定に気遣いをしておこう。

顧客のクレームやFQを充実させる。
1件のクレームには、無数の同様のユーザーが感じた不快感があると考えるべきである。そして、同様のケースのための対処方法を記載しておくべきである。そこからFQを充実させる必要がある。それをユーザーが紹介してくれるケースがあるからだ。企業にとってマイナスなクチコミでもこの対応さえ良ければ、ユーザーに誠実さを伝えることが出来る。

ビジネスサイトにただ「いいね!」ボタンやTwitterなどのフォローボタンなどを設置しただけでは、ソーシャルメディアに対応したサイトにならない。

WEB 2.0の2010年を振り返る松本市のWEB制作屋のまとめ!

PALO ALTO, CA - OCTOBER 06: Facebook founder and CEO Mark Zuckerberg looks on during a news conference at Facebook headquarters on October 6, 2010 in Palo Alto, California. Zuckerberg announced the addition of a revamped personal groups feature and the ability to download everything you have posted to Facebook. (Photo by Justin Sullivan/Getty Images)

時代は完全にソーシャルメディアの時代ですね!その中でどうソーシャルメディアと関わって行くのかが今後のウェブ制作のポイントになりますね!

検索サイトを頼りにしないSEO対策!

検索サイトからのアクセスよりTwitterなどからのアクセスが高まっている。つまり多くのネットユーザーは検索サイトでお気に入りのサイトを見つけるのではなく、ソーシャルメディアによる友達の紹介や口コミでサイトを訪問するケースが多くなってきた。このことによりSEO対策よりソーシャルメディアへの最適化にウェブサイト作成の比重が高くなっていくと思われる。しかし、それは、企業がブランディングを行ったりファンづくりをする目的だけに種着するべだと私は考える。

例を挙げます!
○○を欲しいな〜:なんて人はソーシャルメディアでの情報を頼りにする。それは、○○が今すぐ必要ではない!・・・これをWantsという!
○○が必要だ!:なんて人は検索エンジンで情報を求める。よってSEO対策は重要である。・・・これをNeedsという!

つまり、人間が商品を求める時の動機によりWEBマーケテイィングは異なる。それに応じたアプローチが必要であると私は考える。

WEB2.0 ソーシャルメディアの意味!

ブログにしろ、Twitter,Facebookにしろ、個人が簡単にメディアを構成することの出来る時代になっている。そこでもっもと大切なのがコンテンツである。Googleがもっとも上位にランクアップしたいサイトは、上質なコンテンツのあるサイトである。アルゴリズムを駆使して日々挑戦を行っている。そして、世界第2位のアクセスを集めているFacebookは、それだけでビジネスサイトが構築出来るパフォーマンスを持っている。つまり、その特性を確実に理解して優良なコンテンツを発信するサイトがWEB2.0では勝者となる。そのことを踏まえてWEBサイト制作、WEBサイト構築を行わなければならない。地方には地方のコンテンツがあり、スモールビジネスにはスモールビジネスのコンテンツがあると私は考える。

iPhone,iPadの人気のモバイル全盛期!

モバイルへの最適化が必要な時代になった。iOSが、falashに対応しないことによってサイトからflashを取り除くサイトが続出した。iOs対応のテンプレートプラグインも大ブレークした。ソーシャルメディアをモバイルで利用する人が増えた以上その対応は当然のことだ。また、多くのアプリの開発によりウェブサービスの方向を転換を余儀なくされた2010年でもある。
2010ベストiPhoneアプリまとめ(仕事用、便利、Twitterとか、教養・趣味!なアプリまとめ75個)
2010年に誕生した新しいWEBサービスリンク集

「目から鱗」の情報の宝庫、ソーシャルブックマークはてな

100%は信用出来なくても目から鱗が出るような情報のまとめがはてなのブックマークにエントリーされている。まとめサイトの人気の日本ではNaverは注目のサイトだ!知らなかったことは、はてなのブックマークエントリーとNaverで十分カバー出来るような気もする。自己のビジネスに新しいヒントが得られるのもこのサイトからではないか?
モダンなUIを活用したショッピングサイト運営用phpオープンソース「LiteCommerce」

TwitterからFacebookへのスライド!

Web2.0へのかかクァリを意識しないTwitterのユーザーの増加にFacebookへとスライドするユーザーが増加している。2011年1月15日に封切られるソーシャルネットワークの映画の放映後は日本でもかなりブレークするだろう!やはりFacebookを使いこなすとTwitterが面倒になる。そして、Facebookの機能はネットユーザーの心をとらえているサービスが多い!時代は完全にFacebookの時代になる。WEBサイト制作には、このfacebookを取り入れ方がポイントなるだろう!

Googleの必死さが伝わるほどスゲェーChrome Web Store
FacebookプラスTumblrの時代!
日本マクドナルドに学ぶ松本市ローカルビジネス!

最後に!
ソーシャルメディアの活用を避ける訳に行かない時代に突入した。しかし、そればかり注目してはならない。また、web2.0やソーシャルメディアは、一見経費が掛からないように思えるが、時間と言う経費やコンテンツを構築する経費はそれほど安価ではない。また安易に参加すると効果を得るどころかマイナスになってしまうこともある。問題はやはり鮮度の高い良質なコンテンツを構築することが最も大切なことではないだろうか?ラーメン屋が新作メニューを作るまでのコンテンツなどは、顧客のファンを獲得するには最高のコンテンツである。ソーシャルメディアによりラーメンづくりに参加することも出来るからだ!
2010年は、多くの方に指示して頂き沢山のWEBサイト構築に携わることが出来て幸せです。心から皆様に感謝してます。

まずは、お電話・メールで
ご相談ください。

「ホームページ制作成功の秘密」の
DVDと資料をお届けします。

Web制作に関する相談専用ダイヤル
メールアドレスだけでお問い合わせ
小さな会社のマーケティングとは