fbpx

WEB制作会社

Web制作を依頼する前に知っておきたいこと!

Web制作を依頼する前に成功したWeb制作の流れ!

Web制作よりも重要なのが、Web制作の目的のための商品の検討です。つまり、その商品の最も有効な売り方のコンテツづくりです。これを一言で、マーケティングと呼ぶのですが、多くのネット上で語られるマーケティングとはことなります。それは、ローカルであったり、企業の規模であったり、商品によって方法が変わります。そこで、どう売ることがベストであるかを検討します。そして、その次に大切なのはホームページ運営になります。当初の仮設に対する立証が必要です。つまり、つくったホームページでの成果の検証や対策が必要になります。これらの作業があって売上が拡大されます。

ホームページで成果を

Web運営をどこまでやってくれるのか?が重要です。

Web制作会社に製作依頼するときに、金額面だけでなく、マーケティング面や運営面に対してお尋ねください。多分、「マーケティングはお任せください!」と応えてくるでしょう。当社の場合、美術館やきれいなサイトを作ってくださいと言われるとバカ正直に「できません」。専門ではありませんとは、答えないでしょう。ですが、そのWeb制作会社の実績を見れば、綺麗さではなく、そこで紹介している商品やサービスを買いたくなるのか?という視点で見てください。

ホームページは実績とお客様の声が重要です

多くの顧客がその商品知識やスペックまで理解できないでしょう。もちろん、商品卸売業や製造業では別の話になります。ですから、実績とお客様の声がユーザーには一番、その会社を理解しやすいコンテツになります。また、この2つには偽りの内容に掲載する必要があります。ビジネスには信頼です。そして、専門性が需要ですので、あれもこれも売りたいという考え方では、売上拡大をすることができません。

見込客をKPIするホームページ

コンサルティング型戦略的Web制作では、ホームページで直接の販売よりも見込客を他社より多く・早く取り込むことを重視します。つまり、見込客に自動的にメールなどで販売や営業を行い成果を獲得します。CRM・MAなどを活用して更に2倍以上の売上を獲得している企業もあります。

ほとんどのWeb制作会社の考え方は間違っていること?

ほとんどのWeb制作会社は勘違いしている

多くのWeb制作会社は、私も未だにわからないのですが、「Web制作」とか「ホームページ制作」と自社の業務を表現している。私もこの辺は、自社のセグメントしたユーザー層のWebリテラシによるもので選択する必要があると思います。つまり、質の高いウェブ担当がいる企業をターゲットにするのならウェブ制作というキーワードは有効になるのでしょう。ですが、小さな帰社の経営者ならホームページ正sカウのほうがピンとくるかもしれません。そもそも「ブランディングマーケティング」とマーケティングでもないことをマーケテイングと呼んでいるのに自社のサービスや自社の職種にはブランディングの重要なネーミングをしていませんね。弊社のケースでは、業績拡大型ホームページ制作・コンサルテインング型ホームページ制作と名付けます。そして、ターゲットが探すであろうキーワードを専門ページを作ります。そして、見込客を他社より早く・多く獲得する手法を講じます。

コンサルティング型ウェブ制作

そもそもユーザーな問題って何に?それを解決できるのがWeb?

ユーザーは、検索サイトで自分の抱えた問題・変化した理想のために商品やサービスを購入します。もしくは、製品を発注します。そこで、ユーザーが抱える問題を知る必要があります。まず、弊社では、ここにかなりの時間と費用をかけます。次にWebで問題は解決しなにのですが、ユーザーは、その抱えている問題に対しての解決策を探すために検索サイトで検索するキーワードを決めて探します。そこで、ユーザーは、そのサービスの内容や商品のスペックより、問題が解決できるのか?に集中します。それを集中させること、「この商品を買えば問題が解決する」ということを感じて貰う必要があります。

だからブランディングできますは、意味がない!・Webのデザイン性の訴求あまり意味がない

ユーザーが求めるのは、「この商品やサービスで自分が変化できる・問題が解決できる」にあるのですから、自社が何ができるというコンテンツには意味がないのです。「こんなの問題が解決できます」が必要です。しかし、「売上UP」なんて表現では、ユーザーの心には響きません。もっとリアル感のある問題にどう対応するのかが問題です。

多くの経営者がホームページでは売上拡大に効果が出ないと考えている

以上のようなことも踏まえてホームページを制作していれば、このような状態にならないのですが、残念なんことに「ホームページがきれいに表示させればいい」と考えている経営者とそれに答えている「ホームページがきれいに表示させればいい」と思っているウェブ制作会社が多いのが現実です。そのお蔭で弊社はお客様にしっかりとメリットを与える特異なWeb制作会社となります。

Web制作の価格を考える

Web ROI(費用対効果)がしっかり出せることを証明できっれば、ペンシルのように1ページ100万円でも問題がないのです。企業に予算がなければ、その予算内でどう対応するのかはWeb制作会社の経緯方針です。ですが、そこにブランディングを行っていれば本来のWeb制作が望む価格設定はできません。そして、その価格で受注しなければ十分な効果をクライアントに提供することができません。

ほとんどのWeb制作会社の考え方は間違っていること?と書きましたが?

ほとんどのWeb制作会社の考え方は間違っているのではなく、それぞれの考え方で運営すればよいので、正確にはこのタイトルは的確ではありません。問題は、Webが好きでWeb制作会社を経営者ているのなら、もっとWeb制作価値を貯めるようにお互い頑張りましょうということです。

ウェブ制作会社の選び方!

ウェブ制作会社には得意と不得意の分野がある

どんな業種・どんな目的でも対応でき成果を期待できるというウェブ制作会社がないだろう。それぞれに得意分野や不得意分野があるはずです。例えば、クラアントの企業規模や業種・マーケティングなど得意・不得意な分野があります。弊社の得意な分野は、販売拡大を目的としたウェブデザインになります。マーケティングに基づいたコンセプトワークを大切にしたウェブ事案であれば得意ですが、ただ綺麗なウェブサイト制作やクライアント側の感性だけを主体とするウェブサイト制作は不得意であるとともに受注をしません。また、小規模店舗・飲食店も同様です。費用対効果を提供できないと想定されるウェブサイト制作はお受けできません。それぞれに得意な分野のウェブ制作会社を選択するのことをお薦めします。

web制作会社

専門性の高いウェブ制作会社を選ぶ必要がある

一定の業種に特化したウェブ制作を行っているウェブ制作会社は、それなりのノウハウやコンテンツを作るための情報を持っています。何でも出来るウェブ制作会社は何でもできないと考えていいでしょう。地方では、次のような業種別専門ウェブ制作会社とうたっていなくても制作実績を見れば、得意な業態が見えてきます。しかし、ウェブサイトに制作実績を表示していないウェブ制作会社は避けるべきです。

1. 工務店ホームページ制作
2. 士業専門ホームページ制作
3. 飲食店専門ホームページ制作
4. 開業医専門ホームページ制作
5. 製造業専門ホームページ制作

限りなく業種を絞ったウェブ制作会社はあります。

低価格の業種別ウェブ制作会社は警戒!

低価格でテンプレートなどを利用する業種別ホームページ制作会社なのでは、専門のコンテンツのノウハウは有していてもウェブ制作会社の技術や機能が不足しているケースを多く見受けます。低価格でも費用対効果を得ることができなければ、ただの浪費となってしまいます。

ウェブ制作会社のアフターフォローのプランを確認しよう

ウェブ制作が終わると、新たな修正やちょっとした変更などにどのように対応してくれるのか?また、運営のサポートや運営プランの提案などしてくれるのか?ウェブでビジネス成果を得るためには運営が大切です。その辺おフォロー体制を確認して、ウェブ制作会社を選ぶことをお薦めします。

WEB ROIを追求したWEB制作とは?

WEB ATFは、WEB ROIを獲得するためのWEBサイト(ホームページ)を作成します。

企業案内パンフレットがそのままWEBページになるようなWEBの特性や目的を持たないWEB制作であれば、長野県松本市内のWEB制作会社でも優秀な会社はあります。もし、そのようなご希望の場合は、私は基本的に弊社での受注を避けます。私たちは、少ない受注であっても正しいビジネスでなければ継続はできないことをしています。以下の作業フローは、基本的なWEB ATFの作業の流れとなります。

ホームページ作成の手順

WEBマーケティングについて

WEBサイトの構築の目的が不明確であったり、目的が多数設定されているWEBサイト構築は、結果的に成果のないものになってしまいます。医療期間であれば、看護師募集に成果のあるWEBサイトを!建築会社であれば。資料請求等が沢山得られるサイト。ECサイトならば、当然売上の上がるECサイトを構築を目指します。そのためには、SEO対策だけではなく、市場を意識したWEBマーケティングを行ないます。

まずは、お電話・メールで
ご相談ください。

「ホームページ制作成功の秘密」の
DVDと資料をお届けします。

Web制作に関する相談専用ダイヤル
メールアドレスだけでお問い合わせ
小さな会社のマーケティングとは