WEB屋

地方のWEB屋社長のボヤキと意気込み!

先日、Wordpress初級セミナー・Google Apsのセミナーを長野県松本市で開催した。びっくりするほどの反響はなかったが、熱心に学んでいる人々や更に踏み込んだねセミナーを望んでいる人たちがいた。このセミナーは弊社の本社のある松本ソフト開発センターで行われた。このセミナーの目的は弊社の地域貢献でした。

WEB屋のボヤキ

長野県内企業のWEB活用

長野県内企業のWEB活用などが、もう少し活性化するのを私は常に望んでいたが、やはり、他力本願であったことに私は、反省しています。特に松本市内では、完全にWordpressを活用しているWEB制作会社を知らない。そこで、間違いなく今の時代Wordpressの活用が必修であると私は考えるのです。行政や商工会議所などを巻き込んで、このへんの運動や、私の長野県専門家派遣や中小企業庁のミラサポの専門家を活用して、更に普及を心掛けたいと思いました。

実際、長野県専門家派遣や中小企業庁のミラサポの専門家では、自社が利益を出すのはとても困難ですが、これも多くのWordpressやPHPなどのノウハウのある私たちの使命Fと考えるからです。

地方のWEB屋ですが?

長野県松本市の地方のWEB屋ですが、全国区で闘っています。来年には東京のマーケティング室の活性化して、松本市発全国の中小企業を支援していけるように、更に研究や開発に時間を掛けたいと思っております。前期の弊社クライアントの72%が120%以上のWEB ROIを獲得しました。しかし、ここに状況はあっても100%でのクライントが確実に120%以上のWEB ROIを獲得するように努力します。

大人になれないWEB屋。頑固一徹のECサイトについて!

最近、ECサイト(ショッピングサイト・通販サイト)の制作が依頼が増えてくる。しかし、ホームページ制作同様、クライアントの制作への熱意や考え方が、その制作物の成功の鍵となる。・・・これじゃ、WEB屋(ホームページ制作会社)も無責任である。クライアントのハートを熱くさせ、クライアントの商品が沢山売れるようにクライントを誘導できないのもWEB屋の責任と力量ではないか?

web designing

売れないと思うECショップは作らない!

クリエータ歴の長い私は、自分の満足できない仕事からは逃げてきた。それが、私がこの仕事を長く続けてきた秘訣だと思っています。特に多くのクライントが、WEB広告(アドワーズなど)を使わない・大したキャンペーンをしないで、WEB屋に制作を委ねれば、そこそこネットショップで利益が出ると思っている。更に楽天やYahooショッピングに店を出すのも同様です。ECショップは、売れるショップと全く売れないショップになる二極化なのです。それは、ECショップ運営への企業の意識の差のようにも感じます。

商品力、サービス、顧客を獲得する仕組みなしに、ECショップを展開しても利益が出るわけなない、しかし、営業サイトからは、とにかく、見栄えがよく、機能が万全であれば、売り上げにつながるので受注をする、これが通常だ。クライントの先のない望みを叶えるのだからと大人的発送発想だ!

頑固一徹は、そんなECサイトは作らない!

売れないECショップを作るのは、もっとも自分が満足できない仕事となる。WEB屋は、ビジネスツールを作るのが私たちの仕事だと、頑固に「売れないECサイトは作っらない!」。そん好き嫌いが、WEB屋の生命を延ばす。売れないECショップをクライントの思うように制作すると「あの会社で作ったたけど売れない!」と他社にボヤくに決まっている。お客様はわがままである。だから私は、自分が最低成功するだと思う条件をクライントにぶつける。

ホームページを制作を依頼するべきWEB屋の5か条

優れたWEB屋(WEB制作会社)を選ぶには、押さえておきたいポイントをまとめてみた。当然、ビジネスに活用すべきホームページとなるからには、制作したビジネスに活用されなければならない。WEB ROI(投資効果)を得られるべき制作物でなければならない。この観点からWEB屋として必要なスペシャリストを構成する会社を選ぶべきだ。WEB制作に関わるすべてのファクターを一人で行うことは、ほぼ不可能であり、それでは、ビジネスに役立つWEBサイトは構築出来ない。

Web Refraction

こんなスペシャリスト(クリエーター・エンジニア)のいるWEB屋に仕事を頼もう!

以下のスペシャリストがすべて社内に確保されていなくても外注として活用出来れば問題ない。しかし、パーフェクトに近ければ近いほど当然、制作料も高くなる。しかし、一定の要素を満たしていなければ、ビジネス効果は「無」となる。それでは、企業としてWEBサイトを構築する意味がない。

  1. 1,WEBデザイナー(マーケティングを理解出来る存在)
  2. 2,WEBデザイナー(コーディング専門)
  3. 3,コピーライター
  4. 4,海外経験のあるエンジニア
  5. 5,SEOエンジニア
  6. 6,クリエイティブディレクター

イラストレーターなのどは、外注(下請け)で問題ない。しかし、マーケティングが出来るディレクターやデザイナーは必要となる。特にコピーライターは重要な仕事になる。だが意外と軽視されるのが、このコピーライターである。弊社もこのスペシャリストがすべて在中する訳ではない。しかし、目指すところは、これらの制作スタッフで構成されたWEB屋である。また、海外経験や英語が出来るクリエーターやデザイナーは、WEB先進国アメリカの情報をスムーズに活用出来る。

Future of Web Design New York #FOWD

依頼するべきWEB屋の5か条

  1. 1,スペシャリストがいるWEB屋に仕事を頼もう!
  2. 2,WEBマーケティングが理解出来、それらなりの企画書で提案してくれるところ
  3. 3,SEO対策を含めてWEB制作をしてくれるところ
  4. 4,制作の具体的な目的を尋ねてくれるところ
  5. 5,公開後の修正やサポートをリーズナブル価格で設定してくれるところ

まず、何かをアピールしたり、モノを売ったりするためには、マーケティングを理解していないWEB屋には制作を依頼するべきではない。また、ソーシャルメディア時代であってもSEO対策は重要である。また、制作の打ち合わせ中では、理解された部分も公開後に修正が必要になる。そんなときリーズナブルな価格で手軽に修正してくれる業者に頼むと助かる。サーバー管理料なるものも数千円でやってくれる事業所を探そう!

Google 的貼牌冰箱(Google refrigerator)

Googleの検索エンジン最適化(SEO)によるこんな注意事項がある

以下も確認してWEB屋を選びましょう
SEO業者に確認すべき質問には次が挙げられます。

  • 過去の事例のサンプルを見せてもらい、成功事例を紹介してもらう。
  • Google のウェブマスター向けガイドラインに従っているか。
  • 通常の検索を補完するオンライン マーケティング サービスやアドバイスを提供しているか。
  • 期待される結果とその日程、成果を測定する方法。
  • 同業種での実績。
  • 国内/地域での実績。
  • 外国語サイトの開発経験。
  • 最も重視している SEO 技術。
  • 創業年数。
  • 連絡方法。サイトに加えたすべての変更に関する情報、およびアドバイスの内容に関する詳しい情報とその理由を伝えてくれるかどうか。

また、SEO対策がWEB制作のすべてではないが、せっかく構築したWEBサイトが検索されなく、少ない訪問者であれば意味もなくなる。また、以下のPDFを参考にして、業者に質問するのみ良いだろう!
[PDF] Google 検索エンジン最適化スターターガイド
このスターターガイドの条件をほぼ満たせるようにサイトを制作することを依頼してみてはどうだろうか?

WEBサイト制作会社 ATFとは?--ATF-ホームページ制作

まずは、お電話・メールで
ご相談ください。

「ホームページ制作成功の秘密」の
DVDと資料をお届けします。

Web制作に関する相談専用ダイヤル
メールアドレスだけでお問い合わせ