WEB ROI

経産省が企業のソーシャルメディア活用 B TO C

経済産業省が企業のソーシャルメディア活用に関する調査報告書を読んで

ソーシャルメディアを活用して事業活動を高度化する取組の普及にあたっての課題とその解決策の検討内容を取りまとめるとともに、企業の先進的な取組の事例集を取りまとめました。
とあったが、まとめているが具体性のない内容ではないだろうか? B to CにおいてソーシャルメディアからのWEB ROIを獲得するのが難しいのではなく、他のウェブとの関連によるWEB ROIを獲得する必要があるのではないでしょうか? しかし、ソーシャルメディア自体は、企業のブランディングに大きく役立っていることには議論の余地はないように思える。

ソーシャルメディア

また、ここではFacebook・Twitterを例にあげているが、世界で一番利用されているソーシャルメディアはYouTubeであることを忘れてはいけない。

(1)ソーシャルメディアがもたらしている事業活動への影響
ソーシャルメディアを通じた消費者に対する働きかけ及びそれに対する消費者の反応は、販売、商品開発、海外展開など、事業活動の様々なフェーズにおいて影響をもたらしつつある。
ソーシャルメディアを有効に活用することで、より迅速に、より正確なニーズを知り、より広範に事業展開を行うことが可能となっている。
(2)国内外の先進的なソーシャルメディアの活用事例
ソーシャルメディアを積極的に活用している企業においては、顧客のタイプや製品・サービスの特性などに応じて、多様なソーシャルメディアが利用されている。
(3)効果向上に向けた先進的な取り組み
ソーシャルメディアの利用に関する効果測定の方法としては、例えば、ECサイトへの流入数、シェア数、投稿を見たユーザーの反応を測るエンゲージメント率と呼ばれる指標などを、目的に応じて活用している例が見られる。
(4)「ソーシャルメディア活用先進事例報告会」のアンケート分析
ソーシャルメディアを活用して事業活動を高度化する方策の一環として、平成28年3月3日に、先進的な企業の事例に関する報告会を開催。
その際に実施したアンケートから、「人材」、「知見」、「効果的な活用方法」等への課題を感じている企業が多いことが読み取れる。
(5)ソーシャルメディア活用の課題と活用促進の方策
ソーシャルメディアの活用を展開していくために、ノウハウの普及、専門人材の育成アドバイスや、評価のための基準の整備等が重要と考えられる。

経済産業省が企業のソーシャルメディア活用に関する調査報告書と先進事例集を公表

ソーシャルメディアを利用して、ビジネスに効果をもたらすという考え方より、ソーシャルメディアも行っていない企業のユーザーへの考え方が疑われる時代になっているのではないだろうか?企業サイトを見るより、Facebookページを見た方が、その企業のサービス精神のようなものが伺える時代になっているのではないでしょうか? もっとわかりやすくいえば、ソーシャルメディアも活用していない企業は信頼も信用も受けにくいのでは・・・?ということになります。

WEB屋ATF 長野県ホームページ制作の2014

WEB屋株式会社ATFは、今年の8月に株式会社エイ・ティーム・ファクトリーから社名変更をしました、また松本駅前から松本市和田の松本ソフト開発センターへ移転をしました。東京都港区にマーケティングオフィスを開催しました。そして、経営計画・経営理念を作成し、新しい方へ向かって営業しています。

2014長野県WEB

ホームページ制作3つの特徴

WEB屋と言っても、様々スタイルがあります。そのなかで、全国的に評価されているマーケティング力は、私のこの道20年以上の実績のあるプロのコンサルです。それを含めて、地元や全国の工務店に愛されるような3つの特徴があります。

   1.制作前段階のマーケティングコンサル
   2.SEO対策とWorpreseeを中心とした制作力
   3.制作後の成果が上がるまでサポート

以上のように、まずクライアント様にはWEB ROI(WEBの費用対効果)を充分獲得していただくことが大前提だと考えています。私たちのすべてのWEB制作は、私たちの自己満足のためではなく、クライアント様がビジネスで利益を上げていただくものです。

長野県の地元対応のホームページ制作

ATFの方向性の一つは、やはり地元の多くのクライアント様への感謝の気持を込めて、地元のインターネットを利用したビジネスの促進をメインとして活動するホームページ制作と全国をマーケットにしている工務店専用ホームページ制作と二つの核を設定しました。

全国一のホームページ制作を

工務店専用のホームページ制作は、ホームページだけではなく、様々な工務店の販促ツールを開発して提供する他に、重要なマーケティングをコンサルして提供しています。

以上のように2014年ももうすぐ終わろうとしていますが、2015年は更なるWEB屋ATFとして、長野県内の事業所が成果の得られるホームページ制作をし続けてまいります。

成功したサイト・失敗したサイト2014

今年も早いものでもう12月です。前期の弊社のクライントのWEB ROIを調べていると「78%以上のクライントが120%以上のWEB ROIを感じている」そんな集計を行ってみた。このデーターは。弊社のWEB制作公開後6ヶ月以上経過したクライアントから聞き取りによるもので、現実の売上差まで調査できない。しかし、弊社制作以前のアクセスと現在のアクセスを見比べれば評価は出来るます。そして、22%のクライントからの嬉しくない結果に対しても原因と対策を図っています。

WEB ROI

ホームページ・WEBサイト制作で効果を得られなかった例

ホームページなどを制作して、目に見えた効果が得られなかった事業所のホームページの管理やブログの更新頻度・方法などを調査してみた。

 1.ブログの更新度が全くない。
 2.WEB管理に人材を投入できない。
 3.マーケティングの方向性を間違えた。

ホームページ・WEBサイト制作で効果を得らた成功した例

上記の反対で、成功した例を上げると上記の3項目の全く反対となる。そのなかで目立った例を上げました。

 1.製造事業者・・・直接メーカーからのオーダーを得ることが出来た。
       ・・・ブログの更新で成果を得た
 2.製造事業者・・・新規顧客からのオーダーが続いている。
       ・・・ブログの更新ターゲットの絞り込みが成功した。
 3.体験型農業・・・来客が殺到した。・・・素朴なイメージ訴求が成功した。

上記は、長野県内の工務店を除いた成功が目立った弊社の顧客から調査した成功例です。

意外とブログ更新によりマーケティングの成功が鍵なのか?

ブログの更新度が、成功の一番の鍵と感じていたが、もちろん、ブログの更新頻度とWEB ROIとの関わりは大きい。しかし、ネット上で売れる商品への弊社からのアドバイス・コンサルティングに成功したクライントは大きな成果を得ている。100%の成功率は望めないが、現在、弊社では22%のまだ成果を得られないサイトについては、再構築の検討や対策作業を行っている。

ホームページを制作を依頼するべきWEB屋の5か条

優れたWEB屋(WEB制作会社)を選ぶには、押さえておきたいポイントをまとめてみた。当然、ビジネスに活用すべきホームページとなるからには、制作したビジネスに活用されなければならない。WEB ROI(投資効果)を得られるべき制作物でなければならない。この観点からWEB屋として必要なスペシャリストを構成する会社を選ぶべきだ。WEB制作に関わるすべてのファクターを一人で行うことは、ほぼ不可能であり、それでは、ビジネスに役立つWEBサイトは構築出来ない。

Web Refraction

こんなスペシャリスト(クリエーター・エンジニア)のいるWEB屋に仕事を頼もう!

以下のスペシャリストがすべて社内に確保されていなくても外注として活用出来れば問題ない。しかし、パーフェクトに近ければ近いほど当然、制作料も高くなる。しかし、一定の要素を満たしていなければ、ビジネス効果は「無」となる。それでは、企業としてWEBサイトを構築する意味がない。

  1. 1,WEBデザイナー(マーケティングを理解出来る存在)
  2. 2,WEBデザイナー(コーディング専門)
  3. 3,コピーライター
  4. 4,海外経験のあるエンジニア
  5. 5,SEOエンジニア
  6. 6,クリエイティブディレクター

イラストレーターなのどは、外注(下請け)で問題ない。しかし、マーケティングが出来るディレクターやデザイナーは必要となる。特にコピーライターは重要な仕事になる。だが意外と軽視されるのが、このコピーライターである。弊社もこのスペシャリストがすべて在中する訳ではない。しかし、目指すところは、これらの制作スタッフで構成されたWEB屋である。また、海外経験や英語が出来るクリエーターやデザイナーは、WEB先進国アメリカの情報をスムーズに活用出来る。

Future of Web Design New York #FOWD

依頼するべきWEB屋の5か条

  1. 1,スペシャリストがいるWEB屋に仕事を頼もう!
  2. 2,WEBマーケティングが理解出来、それらなりの企画書で提案してくれるところ
  3. 3,SEO対策を含めてWEB制作をしてくれるところ
  4. 4,制作の具体的な目的を尋ねてくれるところ
  5. 5,公開後の修正やサポートをリーズナブル価格で設定してくれるところ

まず、何かをアピールしたり、モノを売ったりするためには、マーケティングを理解していないWEB屋には制作を依頼するべきではない。また、ソーシャルメディア時代であってもSEO対策は重要である。また、制作の打ち合わせ中では、理解された部分も公開後に修正が必要になる。そんなときリーズナブルな価格で手軽に修正してくれる業者に頼むと助かる。サーバー管理料なるものも数千円でやってくれる事業所を探そう!

Google 的貼牌冰箱(Google refrigerator)

Googleの検索エンジン最適化(SEO)によるこんな注意事項がある

以下も確認してWEB屋を選びましょう
SEO業者に確認すべき質問には次が挙げられます。

  • 過去の事例のサンプルを見せてもらい、成功事例を紹介してもらう。
  • Google のウェブマスター向けガイドラインに従っているか。
  • 通常の検索を補完するオンライン マーケティング サービスやアドバイスを提供しているか。
  • 期待される結果とその日程、成果を測定する方法。
  • 同業種での実績。
  • 国内/地域での実績。
  • 外国語サイトの開発経験。
  • 最も重視している SEO 技術。
  • 創業年数。
  • 連絡方法。サイトに加えたすべての変更に関する情報、およびアドバイスの内容に関する詳しい情報とその理由を伝えてくれるかどうか。

また、SEO対策がWEB制作のすべてではないが、せっかく構築したWEBサイトが検索されなく、少ない訪問者であれば意味もなくなる。また、以下のPDFを参考にして、業者に質問するのみ良いだろう!
[PDF] Google 検索エンジン最適化スターターガイド
このスターターガイドの条件をほぼ満たせるようにサイトを制作することを依頼してみてはどうだろうか?

WEBサイト制作会社 ATFとは?--ATF-ホームページ制作

まずは、お電話・メールで
ご相談ください。

「ホームページ制作成功の秘密」の
DVDと資料をお届けします。

Web制作に関する相談専用ダイヤル
メールアドレスだけでお問い合わせ