猿でもできる売れるホームページのコンテンツの作り方

Home / ウェブデザイン制作 / 猿でもできる売れるホームページのコンテンツの作り方

売ろうとしてはダメ、大切なのはホームページコンテンツの質

ホームページで何かを売ろうと考えるなら、売り込みの言葉をできるだけ少なくしましょう。大切なのはホームページで何かを調べている人に分かりやすくコンテンツを整理することです。それはどんな商品でもサービスでも同じではないでしょうか?

猿でもできるホームページコンツンツの作り方

売り込みの匂いを消すホームページコンテンツ

実際に売り込みの匂いを消し、商品をアピールするには、その商品の使い方や便利さをアピールすることになります。よってレビューや利用者の声(お客様の声)が重要になり、その商品を選んで、どんなベネフィットを得たのかを説明する必要があるのです。その他には以下の方法がある。

  1. ユーザーが選ぶであろうカテゴリーをしっかり区別させる
  2. 自社商品・サービスなどの欠点も表示する
  3. 使い方・利用方法をまとめる
  4. 人気やおすすめ商品のランキング情報を載せる
  5. 商品づくり・モノづくりの物語をコンテンツにする

まだまだ、いろいろな手法でホームページコンテンツの作り方があります。そして、基本的には以下の概念でコンテンツ作りをします。

ホームページのコンテンツ

誰に何をどのような・・・と伝えるホームページコンテンツの作り方

このブログの上記のチャートのように3つのステップを明確化して伝えることが重要になります。つまり、あなたが売りたい商品は誰に向いていて、どんな効果が得られるか、ということを伝えるのであって、売り込むのではありません。つまり、「あなたが、これを使うと、こんなに・・・!」といえる情報を提供することです。この場合のターゲットの絞りこみがとても重要になります。

  1. 誰に・・・ターゲットを絞り込んで
  2. 何を・・・具体的な商品名を提示して
  3. どのような・・・こんな効果がある

この場合のデメリットは「こんな人には向かない商品です」と記載していること。しかしターゲットユーザーには「自分に最適!」と思ってもらえます。

自社のホーページ制作サービスの場合では以下のようになります。

女性層の顧客の売上を拡大したい経営者に→弊社のスマホ対応ホームページ制作プランで→女性に親しまれ、顧客層の拡大に繋がります!