長野県長野市 松本市ウェブ制作・経営経営コンサルティングファーム

メニュー

顧客の心理にコミットしたWeb制作

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on print
Print
Share on tumblr
Tumblr
Share on pocket
Pocket

顧客心理を理解して作るWeb制作

売り手側の心理や考え方でWebサイトを制作しても効果は得られません。マーケティングとは、「顧客を見ること」です。ですから、まぜ、自社の顧客にならないユーザ・他社の顧客になったユーザに共鳴して、そのユーザを知る必要があります。Webデザイン的なことでは、デリメリットをまずユーザに伝え誠実なコンテンツを作る必要があります。そして、「つい押したくなるボタン」の形や色、大きさ、位置なども重要なことになります。ですから、顧客の心理にコミットしていない売り手側の考えたWebデザインではまず、効果は得られないと考えた方が良いのではないでしょうか?

顧客心理

自社の都合を感じさせないWebjコンテンツづくり

企業が合理的・効果的にWebサイトを構築したいという思いは当然です。ですが、顧客も便利で、自分が求める価値を満たすなら購入という行動やお問合せ・資料請求となるのです。ですから、自社のビジネスモデルの自社の都合ではなく、ユーザの都合に合わせたWebコンテンツづくりが必要になります。大切なのは、「この商品欲しい!」と感じさせることです。

誠実なWebコンテンツをつくる

自社の商品のデメリットを伝えるのは、とても誠実で、顧客から高感度を得られます。そのあとで、自社の商品のメリットを伝える必要もあります。
当社のケースでは、「制作費用が長野県標準より多少割高です」。更に「打ち合わせに掛かる時間多く必要です」とデメリットを伝え、メリットしては。「お客の問題解決のための結果を出します」と効果についてコミットします。また、「なんでも出来る」ということもWebサイトでは書きません。得意の分野と得意ではない分野があることもお伝えします。

顧客がアクションをしやすくする

顧客の購入への動機づけへのアクションのハードルを下げることです。まず、顧客と関係性を構築するためのツールだと認識してWebコンテンツづくりや「売り方」をします。もしくは、「見込客を獲得する」ことだけを目標にしたWeb制作をします。

人が視点のWebコンテンツづくり

Webサイトはデジタルだからこそ「人間の顔」が必要なのです。人間関係を構築するためのコミュニュケーションを行う必要があります。そして、「読む」より「ざっと読む」という傾向のWebサイトになります。伝えたいことより、顧客の抱える問題を掘り下げて、それを確認することを念頭に置いてください。そこにデータドリブンであるデジタルマーケティングという概念が生まれます。

Web MARKETING
無料メルマガ

アクセスを増やして、Webからの成果を最大化にする!考え方と技術の学ぶメールマガジン