Google検索モバイルファーストの考え方-SEO対策知っておくべきコトウェブ担当様

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

GoogleのモバイルファーストへのSEO対策の概念

ウェブマスター向け公式ブログのモバイル ファースト インデックスに向けて(2016年11月5日土曜日)に公開した記事によると、未だGoogleはスマホサイトでの評価を文字サイズや>レスポンシブデザインのみのモバイルファーストのみの評価をしているようです。現在は、Pc版のみの評価が検索結果に反映されるようです。

https://material.uplabs.com/posts/google-pixel-psd-mockup-2

スマホファーストでのウェブデザイン

上記を理解するとレスポンシブデザインでもスマホ表示にする時にスマホでもっと見やすくするためにテキスト数を削除する方法が考えられる。また、その先にPC版(デスクトップ版)では、TOPページもテキストを増やすという手法も考えられる。言い換えれば、PC版の構成が良ければ、検索表示反映されるが、現在では、スマホサイトは評価していない事になります。

スマホサイトはできるだけテクストを少なくする方が見やすいわけで、そのためフラットデザインなどで、PC版も作り、そのままスマホにレスポンシにされるのですが、手間を少しかけて、スマホではテキストを捨てて、見やすさ重視のマテリアルデザインにするべきではないでしょうか?

将来的に Google のアルゴリズムはモバイル版のコンテンツを主に使用するようになります。つまり、ページのランキングを決定したり、構造化データを理解したり、検索結果にスニペットを表示する際も、モバイル版のコンテンツが使用されるようになります。もちろん、Google のインデックスがモバイル版のコンテンツで形成されるようになっても、デスクトップ端末かモバイル端末かに関わらず、すべてのユーザーに素晴らしい検索体験を提供し続ける点は変わりません。

レスポンシブデザインや動的な配信を行っているサイトで、主要なコンテンツやマークアップがモバイル版とデスクトップ版で同一である場合は、何も変更する必要はありません。

ウェブマスター向け公式ブログのモバイル ファースト インデックスに向けて

まずは、お電話・メールで
ご相談ください。

「ホームページ制作成功の秘密」の
DVDと資料をお届けします。

Web制作に関する相談専用ダイヤル
メールアドレスだけでお問い合わせ