長野県長野市 松本市ウェブ制作・経営経営コンサルティングファーム

メニュー

Webを経営に活かす為に!CVRは離脱率のフォーカスして、改善。

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on print
Print
Share on tumblr
Tumblr
Share on pocket
Pocket

Webを経営に活かすために

「もうそろそろ真剣にホームページ対策をしなければ、ホームページは効果を出せないんだな〜」と感じている経営者も少なくないかも知れません。もしくは、そもそも「ホームページでは経営に殆ど役に立たない」とボヤいている経営者も少なくないかもしれません。しかし、これからの時代、本当にITやWebを活用しないで、「良い会社」が作れるのでしょうか?「人間力」だけ会社は成長できるのでしょうか?加えて、そんなに社員だけに頼る経営が望ましいのでしょうか?

CVR

経営は「人」だと行っているわりには?

多くの経営者が「経営は人」だと語っています。確かに正しい考え方でしょう。であるならば、「人間でなければできないとこと」は確かに「人」が重要になります。しかし、人間でなくても、もしくは、人間でない方が経営に役立つことも沢山あります。365日24時間、企業の考え方や商品を紹介するホームページは、営業担当やマーケティング担当の助けになり、「見込客」を会社に呼び寄せます。自社のファンをづくりもできます。見込客を確保するのと見込客ではないユーザも営業する営業担当の作業の違いはここで示すまでもないでしょう。ファンづくりはブランディングになります。その企業を知らなくて、ユーザはその企業のファンになることはありません。

ホームページの成約理知(CVR)は離脱率にフォーカスした、改善とは?

SEO対策を行う前にホームページの成功の鍵は、お問合せや資料請求・購入の成果を得るためのCVR(コンバージョンレート・成約率)が重要になります。このCVRが高まれば、SEO対策を行う必要があります。そして、このCRVRを向上させるには、各ページの離脱率を検討改善する必要があります。つまり、離脱率を減らすためのPDCAを回す必要があるということです。そして、一番効果があるのが、お問合せ・資料請求・購入に誘導するボタンやバナーになります。そして、お問合せ・資料請求・購入などのフォームの改善です。このページの離脱率を改善すると5%〜22%の改善成果が見込まれます。

一番大切なのは、お問合せ・資料請求・購入フォームの改善

せっかく、お問合せ・資料請求・購入フォームまでユーザを伸び寄せても、お問合せ・資料請求・購入の行動をしてもらわなければなりません。そのために、これらのフォームのページの離脱率を改善することが、ホームページを経営に活用する第一歩です。このため小さな改善を重ねてください。エラーメッセージを起こさせないフォームの作り方などを検討し、改善し続ける必要があります。

ホームページ小さな改善が経営力向上につながる

上記のようなホームページの小さな改善が最終的に業績向上に繋がります。PDCAの力が社員に浸透とします。小さな改善で、売上が12%得られた成功実例もあります。また、リニューアルでは、150%・300%・600%のホームページの成果を得たお客様もたくさんいます。
企業自体の売上を140%UPした企業もいます。つまり、ユーザは変化しています。ユーザーの変化に常に対応をしっかりして、真剣にホームページ作りをする時代なのです。時代は猛スピードで変化しています。

手段より目的への意識を高める

ホームページの小さな改善が最終的に業績向上に繋がります。そして、PDCAもすべて、目的・目標についてコミットした作業でなければありません。その目標達成のために不足して補う方法、つまり戦術や手法はどうでもいいのです。コンテンツマーケティングでもキラーサイトを作っても、ボタンの改善やブログでもSNSを活用しても問題はないのです。達成しなければならないのは、業績拡大の目標数字を達成することだからです。

Web MARKETING
無料メルマガ

アクセスを増やして、Webからの成果を最大化にする!考え方と技術の学ぶメールマガジン