業種別ウェブ制作見積

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

業種によって、ウェブ制作金額は変わる

業種によって、ウェブ制作金額が変わるということは、同じページ数や同じコンテンツで、業種にウェブ制作料金が変わるということではありません。費用対効果を考えたウェブ制作が必要だということです。例えば、工務店・住宅会社のウェブ制作がでは、10棟以上ウェブから受注を目的にするなら、200万円程度のウェブ制作料が掛かります(もちろん、成果を得た多くの実績がございます)。また、ウェブからの受注を目的にせず、リクルートや会社案内的なウェブ制作なら75万円程度の予算で可能です。その他の業種のウェブ制作は、45万円程度から弊社は受け賜っております。製造業なら基本的に45万円程度から制作費は、製品アイテム数により追加されます。

スマートフォンWEBアプリ

費用対効果を考えたウェブ制作

どんなベネフィットを望むのかによってウェブ制作は変わります。ただ、予算は多い位ほど良いに決まっておりますが、助成金の利用なり、段階で制作するなど、工夫をすることにより、ウェブ制作の予算を抑えることはできます。

予算にフォーカスしてはいけないウェブ制作

予算ベースでウェブ制作を考えると、大きな失敗が待ち受けております。経営的には、費用対効果をまず得ることが大切ならば、その業者にあったウェブ制作予算が必要になります。例えば、あと10万円程度の予算を追加すれば、成功するのに、予算を重んじることによって、成功を勝ち取れないのは、愚かなことです。ただ、ふんだんに予算があるなら別ですが、最低のウェブ制作予算が必要だということです。低予算で制作して、ウェブ効果を得られず、再度リニューアルすると時間も費用も大きなロスになります。

中小企業でのウェブ制作予算の捻出には、大変なことも弊社では理解しておりますので、限られた予算で、どう、ウェブ制作の成功が得られるのかを真剣に研究しております。その結果、その業種にあった高コストパフォーマンのウェブ制作をご提供しております。

上記の内容により、個人の店舗(士業・ネットビジネスを除く)事業者のウェブ制作依頼をお断りするケースもございますことをご理解ください。
業種別ウェブサイト実績をご覧ください»

まずは、お電話・メールで
ご相談ください。

「ホームページ制作成功の秘密」の
DVDと資料をお届けします。

Web制作に関する相談専用ダイヤル
メールアドレスだけでお問い合わせ