長野県長野市・松本市ウェブ制作事業部 コンサルテイングFIRM

ATFコンサルティングファーム

売れるLP(ランディングページ)の作り方。これが分かってないと売れないよ!

LPランディングページを作る
ATFコンサルティングFIRM

ATFコンサルティングFIRM

マーケティングがあなたのビジネスの目標達成を支援します。

HubSPot+ ATFC担当に相談する

売れるLPをつくるには?

ここでお伝えするLP(ランディングページ)では、Web広告やSNS広告などからターゲットを誘導する1ページの縦長のWebページのことです。ここで大事なのは、オーガニック検索ではなく、Web広告やSNS広告からのユーザの流入となります。これらのユーザは、そのコンテンツに詳しくなく、課題を抱え「早く解決したい!」と感じており、スピード感が重要だと考えられます。要するに検索サイトの上位からユーザの抱える課題の解決がありそうなサイト(タイトルとデスクリプションで判断)をクリックもしくはタップするのです。ですから、長い1ページでスピーディにCVに至らなけれrbなりません。ですが、マーケティング的には、ユーザが通る道筋があります。その道筋を頼ってコンテンツを制作する必要があります。

マーケティングの基本に沿ってコンテンツを作る

デザイン要素よりWebライティングが重要になります。もちろん、レイアウト面でも、このマーケティングの原則に基づく必要があります。以下の図をご覧ください。マーケティングの原則である「誰に・何を・どのように」という流れに沿って、以下の「知ってもらう・興味を持ってもらう・気に入ってもらう・信頼してもら」が重要になります。
LPの制作

知ってもらうには?

覚えやすくベネフィットをイメージしやすいネーミングやタイトルが重要になります。ブランディングでも最も重要なのがネーミングであるように、「知ってもらっても、忘れられる」のでは意味がありません。そして、この作業には、「誰に・何を・どのように」を伝えるためのイメージ画像や動画が必要になります。このフェーズでの役割は、知ってもらう他には、次のコンテンツに進んでもらう必要があります。ですからインパクトあるコピーライティングとイメージ画像が需要な役割を果たします。

興味を持ってもらう

LPでアピールする商品を購入して得られるベネフィットを伝えるのですが、ここで実例でアピールするのがとても効果的です。できるだけ写真入りの実名を使って表示してください。簡単に言えば、「この商品でこんなに幸せな気分になった」という感じですが、メリットだけではなく、デメリットを記載されていると後々のトラブルがない自社の求めるたターゲットを見込客にすることができます。

気に入ってもらう!

この商品を購入すると、上記で紹介したベネフィット以外にも「こんな事ができる」と商品の可能性を伝えることで、この商品を気に入ってもらうことが可能になります。例えば、「こんな使い方もあります」「こんな効果もあります}などから「今ならオリジナルのネーミング入りで・・・」などの期間をっ設定して、購入行動を即するためのコンテンツも重要です。商品によってはカラーリングなども重要になります。

信頼してもらう

ユーザレビューが一番効果的です。それ以外であれば、顧客が抱える不安要素を先回りして対応することが売上を高める最重要コンテンツになります。そして、実績やQ&Aなども必要でしょう。よくあるのが全額返金などですが、商品によっては不可能ので実績を複数載せるのが妥当な対応になります。しかし、ターゲットのビジネス規模により、実績の企業の表示順位を設定したり、表示させないことが重要です。大手企業の実績があると、避ける中小企業経営者も少なくありません。そのためのペルソナやSTPマーケティングは重要になります。

費用対効果が高いLP制作

LPは1ページのですが、制作費用は100万円を超える場合もあります。それはすべての売りためのエキスを注入なけれbクァならないからです。そして、そこにターゲットを誘導するための広告量や広告制作のためのコピーライティングは重要です。ですが、スピーディに効果が得られえ費用対効果が高いのがLPとなります。もちろん、商品の粗利率なども様相を加味して費用も検討する必要があります。また、WebサイトをリニューアルしたりSNSを活用しても、このLPに投資ができないとスピーディなリアルな効果は得られません。
そして、最後に最も重要なのが、「この商品を購入しなければならない」理由について伝える必要があります。

ATF-CのWeb制作料金を見てみる(全国対応版)・Webb制作には簡単な試算があります。(審査基準は、その商品の社会性・企業の理念など)

SNS

ウエブサイト制作 松本市

TOPページのデザインを変えてみた。

Webサイト、俗に言うホームページのTOPに直接訪問してくるユーザは全体の約20%で、社名を知っているユーザが訪問したり、リアルな成果にはあまり期待できない訪問者となります。もし、二度目の訪問者であればMAを機能を活用し

ブログを読む »