製造業者ウェブサイト制作の二つの目的

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

製造業のウェブ制作で考えなければならない点は?

製造業ウェブサイトでは、その目的によって制作内容も変わる。大きくわけて受注拡大と人材確保(リクルート)目的の2にワケられますね。また、このどちらの目的も果たせるウェブサイト制作方法もあります。今回は、この3つのパータンで行うなければならない項目を解説したいと思います。

製造業のウェブサイト制作

1. 受注拡大のためのウェブ制作

受注拡大を目的にしたウェブ制作では、あまりスマホ対応を意識しないでも良いでしょう。大切なのが、どんなマテリアルをどんな加工をするのか?納期は?その辺のキワード戦略(発注者が利用する専門的キーワードとなります。が必要になる)。この場合はできるだけターゲットを絞り込むべきです。戦略となる主の製品加工などを中心に訴求する必要があります。

2. 人材確保(リクルート)目的のウェブ制作

リクルート目的のウェブ制作では、マルチデバイス対応となり、スマホ対応を意識したウェブ制作になります。ターゲットの学生の90%以上がスマホでウェブサイトを見ることになるでしょう。また、教育システムや多くの社内情報を掲載する必要があります。学生にとっては人生の大きなイベントであることを忘れないようにしてください。

3.受注拡大と人材確保を目的にしたウェブ制作

1と2の要素を兼ね備えて、リクルートのページには、大学生・高校生・中途採用の個別のページを制作しましょう。もちろん、上記の人材確保(リクルート)目的のウェブ制作でも同様の事になります。また、二つの目的があるのでそれぞれのテンプレートを変えるもの一つの手です。受注拡大に於いても製造業者の「人」がサイトに表示されていて、教育システムなどを示す必要があります。

どちらの目的であっても、目的のキーワードをしっかり利用したウェブサイト制作が必要になります。