ユーザーのこころに火をつけるウェブデザインとは?

Home / ウェブデザイン制作 / ユーザーのこころに火をつけるウェブデザインとは?

ユーザーのこころを熱くさせるウェブデザインとは?

人は「必要」と感じるモノ・コトなどにアクションを起こさない。人は「欲しい!」と感じるモノ・コトなどに強いアクションを起こします。この心理はB TO Bであっても同様です。ですから、ウェブデザインでユーザーが「欲しい!」と思わす雄叫びを挙げるように制作をしなければなりません。それでは、それらの要素を以下で解説します。

ウェブデザイン

1. テキストより画像
2. 現実よりイメージ
3. コピーライト
4. モノよりコト
5. 連続したアプローチ

1.テキストより画像

どんな言葉より、優れた画像の方が人の心を惹きつけます。凝ったウェブデザインより、画像を引き立たせるシンプルなウェブデザインを制作する必要があります。その場合の画像は、出来ればプロによる撮影したものが必要です。経費を掛けるポイントは撮影経費ではないでしょうか?そして、多くの画像を見てもらう部分はウェブデザインに依存します。ここでウェブデザイナーの腕が発揮されます。

2. 現実よりイメージ

プロの画像でもその商品やサービスを利用して喜びを感じている「人」が登場する必要があります。モデルを使うより、現実の社員やお客様に参加してもらうと更に効果的になります。現実のよりイメージというのは、ユーザーの想像力を掻き立てるような画像が必要だということです。

人にいるweb design

3. コピーライト

ユーザーのこころを熱く出来る画像が制作出来たら、更にそれに油を注ぐようなコピーライトが必要です。ユーザーに「欲しい1」と言う気持ちを高めさせる演出をする必要があるからです。
例1:自分の眼と耳で確かめてみませんか?
例2:一歩踏み出す勇気があなたを輝かせる1

4. モノよりコト

モノよりコトのアプローチとは?商品やサービスの性能を解説するより、それを利用したユーザーが喜ぶシーンを表現することです。つまりユーザーに与えるベネフィットを伝える必要があります。多くの企業の経営者はウェブサイトを構築するときに自社の商品やサービスの優れた点ばかり強調したくなりますが、ユーザーはそのようなことを聞いてもこころは熱くなりません。

5. 連続したアプローチ

1つのアプローチだけでは熱くなりかけたユーザーのこころも冷めてしまいます。ですからユーザーには「これでもか〜!」的な画像などのアプローチを繰り返す必要があります。この場合、JQueryなどのスライダーを上手に活用することが必要です。

せっかくの予算を投じてウェブサイト(ホームページ)制作するのですから、より効果を得るための作業を行いましょう。これらのことを行うと信じられない程のウェブからのビジネス成果が得られます。お問い合わせに答えるだけで、忙し毎日が訪れます。