長野県長野市・松本市ウェブ制作事業部 コンサルティングFIRM

ATFコンサルティングファーム

ユーザーのこころに火をつけるWebデザインとは?

YOSX9695-thumb-1000xauto-19832
ATFコンサルティングFIRM

ATFコンサルティングFIRM

マーケティングがあなたのビジネスの目標達成を支援します。

HubSPot+ ATFC担当に相談する

目次

ユーザーのこころを熱くさせるWebデザインとは?

人は「必要」と感じるモノ・コトなどにアクションを起こさない。人は「欲しい!」と感じるモノ・コトなどに強いアクションを起こします。この心理はB TO Bであっても同様です。ですから、Webデザインでユーザーが「欲しい!」と思わす雄叫びを挙げるように制作をしなければなりません。それでは、それらの要素を以下で解説します。

Webデザイン

1. テキストより画像
2. 現実よりイメージ
3. コピーライト
4. モノよりコト
5. 連続したアプローチ

1.テキストより画像

どんな言葉より、優れた画像の方が人の心を惹きつけます。凝ったWebデザインより、画像を引き立たせるシンプルなWebデザインを制作する必要があります。その場合の画像は、出来ればプロによる撮影したものが必要です。経費を掛けるポイントは撮影経費ではないでしょうか?そして、多くの画像を見てもらう部分はWebデザインに依存します。ここでWebデザイナーの腕が発揮されます。

2. 現実よりイメージ

プロの画像でもその商品やサービスを利用して喜びを感じている「人」が登場する必要があります。モデルを使うより、現実の社員やお客様に参加してもらうと更に効果的になります。現実のよりイメージというのは、ユーザーの想像力を掻き立てるような画像が必要だということです。

人にいるweb design

3. コピーライト

ユーザーのこころを熱く出来る画像が制作出来たら、更にそれに油を注ぐようなコピーライトが必要です。ユーザーに「欲しい1」と言う気持ちを高めさせる演出をする必要があるからです。
例1:自分の眼と耳で確かめてみませんか?
例2:一歩踏み出す勇気があなたを輝かせる1

4. モノよりコト

モノよりコトのアプローチとは?商品やサービスの性能を解説するより、それを利用したユーザーが喜ぶシーンを表現することです。つまりユーザーに与えるベネフィットを伝える必要があります。多くの企業の経営者はWebサイトを構築するときに自社の商品やサービスの優れた点ばかり強調したくなりますが、ユーザーはそのようなことを聞いてもこころは熱くなりません。

5. 連続したアプローチ

1つのアプローチだけでは熱くなりかけたユーザーのこころも冷めてしまいます。ですからユーザーには「これでもか〜!」的な画像などのアプローチを繰り返す必要があります。この場合、JQueryなどのスライダーを上手に活用することが必要です。

せっかくの予算を投じてWebサイト(ホームページ)制作するのですから、より効果を得るための作業を行いましょう。これらのことを行うと信じられない程のWebからのビジネス成果が得られます。お問い合わせに答えるだけで、忙し毎日が訪れます。
SNS
インタビュー一覧
人材採用のキーポイントはWebサイトだった。

今年度こそ人材採用の成果を出す! 街には、新入社員らしき若者が目立つシーズになった。毎年、人材採用に苦戦している人事部人材採用担当は、今年も悔し涙を流しているのか? そこで、成果を毎年あげている企業は、Webサイト(コー

ブログを読む »
集客か?ブランディングか?Webリニューアル。
Webリニューアル:集客 vs ブランディング

Webサイトリニューアルの目的は集客か?ブランディングか? Webサイトのリニューアルを検討する際、多くの方が「集客」と「ブランディング」のどちらを優先すべきか悩むのではないでしょうか。結論から言うと、どちらを優先すべき

ブログを読む »
笑顔の女性
安曇野赤十字病院看護師採用サイト制作

安曇野赤十字病院看護師採用専用Webサイトへ 安曇野赤十字病院看護師採用専用サイトweb design(ウェブデザイン PC用) 看護師とのミーテイングを重ね仕事環境の改善を現実的に行い、それをコンテンツとしました。長野

ブログを読む »
Web制作会社
Webフォームに営業問い合わせが殺到する件

新しいWebフォームからお問合せが来たぞ! 「新しいWebフォームからお問合せが来たぞ!」と喜んでメールを確認すると営業メールだ。こんな日が毎日も続きます。言葉を変えて「協業」と言っているが、コピペでできるフォーム営業は

ブログを読む »
松本市ホームページ 見積もり
Web制作会社だけどコンサルティングファーム

企業のアドバイスなどのコンサルティング営業 ある日、ホームページ制作の依頼があり、依頼者の会社に訪れました。私が来社すると、厄介者が来たような目つきでその会社の従業員が私を見ていました。そんな会社で、売れるホームページな

ブログを読む »