長野県長野市 松本市ウェブ制作・経営経営コンサルティングファーム

メニュー
a3.png

Web活用「新規顧客の獲得のために」

Webでも新規顧客獲得は、LTVの延長線にある

Webを活用して、「新規顧客を獲得したい!」と考えている企業様は沢山おります。その場合、私は、何に注目するかと言うと該当企業様のLTV(生涯顧客価値)状況を確認します。固定客・リピート客を大切にしていると新規顧客を獲得しやす状況になります。また、新規顧客をWebサイトで獲得するのではなく、見込客(LEAD)を獲得するためにWebサイトを作らないと最終的にリアルな成果を獲得することが困難になります。もちろん、ECサイトでは、その逆に早く購入してもらうためのWebデザインを行います。また、販売している商品や製品・サービスによってWebデザインやWeb制作の選択するべき戦略はとなります。しかし、ECサイトも一度購入してもらった顧客をメールなどのデジタルマーケティングを活用して、「もう一度」購入していただく方法を提供する必要があります。つまり、「新規顧客、目標〇〇!」というプランより、ブランディングを行った方が業績は拡大します。

デジタルマーケティング

まず、自社を好きになってもらうことから始める

Webコンテンツにおいても誠実なコンテンツ制作が重要になります。自社の商品のデメリットを説明するのは、辛い作業になるかもしれませんが、逆にターゲットを絞ったアプローチが可能になります。また、上記でお伝えした購入者や固定客が自社の商品を愛用している画像などを表示することで、顧客の購入後をイメージすることができます。よって、新規顧客の獲得に貢献します。

どこまで親切な企業なのかをWebコンテンツでアピールする

Webデザインのイメージも大切ですが、「気の利く会社」を感じてもらうためのコンテンツが必要です。商品のコンテンツより、その商品の使い方やメンテナス方法など購入後の価値をWebコンテンツにする必要があります。そのためWebサイトのブログはSNSより効果的です。ですが、SNSも当然重要なWebツールだということです。SNSでは顧客を喜ぶ画像などを掲載して、ブログで細かい説明を行う必要があります。そのときに重要なのは、質の高い画像です。

CRM・MAを活用して、見込客を獲得して新規顧客を獲得する。

見込客(LEAD)を活用するには、CRM・MAを活用しKPIを設定して、販促活動をすることをおすすめします。CRM・MAもどのサービスを使うのかは、ご相談ください。ちなみにZOHOを私は利用しています。コストパフォーマンスを選定理由にしましたが、事業やビジネスモデルにより異なります。WebとBIツールの融合がないと見込客からCVRを高めるには、手間のかかる作業になります。また、POPOUPなどの機能も利用して、顧客の関心度に合わせたコンテンツの表示なども大切な時代になりました。

SNSでシェア

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
Share on pinterest
Share on print
Share on email

おすすめの最新ブログ

HubSpot

CRMは何故、HubSpotなのか

CRMをHubSpotに変更した理由 弊社は、ZOHOのCRMを利用していました。コスパは高いのですが、戦略的なマーケティングや営業の支援力、クオリティが十分ではありませんでした。そして、セールスフォース・ドットコムのC

詳しくはこちらから »