縦長レスポンシブWEBデザインの時代

Home / ウェブデザイン制作 / 縦長レスポンシブWEBデザインの時代

縦長レスポンシブWEBデザインとは?

現在、ウェブではマルチディバイス対応の縦長レスポンシブWEBデザインが主流になっています。弊社の制作するウェブデザインの殆どが、このタイプになります。ウェブデザインに多くのjQueryを活用して動きのあるアニメーション(スマホ表示をスムーズにさせるためにも)を利用しています。PCではモニター全体に比較的大きなテキストで見やすいデザインになっております。

ユーザーにわかりやすく自社の強みをお伝えするために、スマホで見やすく、PCではワイドにビジュアルを活用して、クリエイトされています。まずは下のリンクからデジタルクリエートさんのサイトをご覧ください。弊社のこのサイトも縦長WEBデザインとなっております。TOPページ(WEB制作会社ATF)も合わせてご覧ください。

縦長WEBデザインデジタルクリエート

デジタルクリエート

伝えたい事をビジュアルで表現するウェブデザイン

ユーザーに伝えたいコトをテキストなどで表現しても、なかなか伝わりません。しかし、写真などのビジュアルでユーザーに思いを伝えることができます。もちろん、写真の質が問われますが、ユーザーの心を掴むことができます。デジタルデザインでは、ユーザーに伝えるイメージをまず大切にします。

ウェブ制作の手間は、通常の倍以上になります

PCの各ブラウザーに対応します。6ブラウザーに弊社は対応します。スマホの場合は8ブラウザーとなります。更にタブレット型の3ブラウザーにそれぞれの表示に対する調整が必要になります。しかし、その苦労もお客様の利益を得てもらうために惜しみません。更にお客様がウェブサイトのリスポンスが合って喜んでもらった時の感激が私たちの制作のエネルギーになります。