人財確保のためのウェブ制作

Home / ウェブデザイン制作 / 人財確保のためのウェブ制作

ウェブ制作の用途が大きく変わってきた

その昔は、企業案内のようなウェブサイト(ホームページ)だったが、やがて集客を目的とされた。最近は、より優れた人財を確保するためのモノになりつつあります。特に医療関連・製造業・建築土木業などのリクルート用のウェブサイト制作の要望が高いのが現状です。

リクールト用ウェブサイト

リクルートサイトから必ず見る企業サイト

リクルートサイトから企業のホームページを確認する学生はおよそ100%の近いと言われています。そして、彼らが使うデバイス(装置)は、スマートフォンです。まず、スマートフォンに対応する必要は当然あります。これは学生をターゲットにするのではなく、多くの人のウェブサイトのファーストビューはスマートフォンからとなるからです。

明るいサイトが人気です

リクルートサイトなら当然ですが、そこで働く人の顔が表示される必要があります。思っきりの笑顔で人間関係がスームズな職場をウェヴで表現させます。もちろん、企業のビジョンや将来像も必要です。幸せを提供する企業のスタッフは当然ながら幸せであることが最低の条件です。