長野県長野市 松本市ウェブ制作・経営経営コンサルティングファーム

メニュー

2019年のWeb制作概念

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on print
Print
Share on tumblr
Tumblr
Share on pocket
Pocket

地方のWeb制作会社の2019年のWeb制作概念とは?

現在のWeb制作は、MAやCRMとの連結やリード(見込客)を獲得を目的にしたCVR(成約率)を高めるためのWeb制作になります。簡単に言えば、「売り込みをせず、顧客を引き寄せて、デザインたる管理をして成果につなげる」というこです。ですから、例えば、同じページを3会観ているユーザには、異なるコンテンツを表示させたり、高度なシステムで、更にWeb制作を仮設として、ユーザの動向により改善を行うになっています。ですから、スマホファーストやWebブランディングの要素も含め作業量は以前の4倍程度になります。そのすべてを価格に反映させているわけでなく、業務改善などの低コスト化も図っています、ですか、これらの努力を多くの基調の企業のWeb担当様や経営者は理解して頂けません。ここにプレゼンテーションの未熟さも否めない点があります。

2019年Web制作

SEO対策だけでは、成果を提供できない時代

SEO対策だけでは、成果を提供できない時代でなっています。例えば、1000ユーザから20ユーザの見込客を獲得するためのコンテンツ作りが必要になります。ですから、Webマーケティングだけでは対応ができません。企業戦略から立案のお手伝いをするマーケティングコンサルティング力も必要になります。

Webブランディングとは?

まず、ネーミングはブランディングの需要な要素になります。そして、ユーザに見える部分もデザイン+日々のサービス+プロダクト力も重要です。ですから、ブランディン部は長期の戦略になります。ですが、Webブランディングでは、「口コミ」「評判」をどう高めてユーザを呼び込むかにフォカースされます。これらの専門的部分まで掘り下げないと成果の出せるホームページは制作できません。