人を見せて「企業を魅せる化」するウェブ制作

Home / ウェブデザイン制作 / 人を見せて「企業を魅せる化」するウェブ制作

ホームページに人を参加させるウェブ制作の利点

デジタルデザインは人の関与が感じられないと人の心を動かすことが出来ない。人物画像にモデルをなどを使うことなく、実際の企業を見てもらうことはとても大切です。少なくともホームページを観たユーザーは、企で働く人を知ることになります。ユーザーと企業の距離が近づきます。「人と人を結びつけるホームページ制作」とは、パーソナルブランディングの力も必要とします。

長野県ウェブ制作

差別化は人で行うウェブ制作

どこの企業の商品・サービスでもユーザーにとっては同じように感じるものです。他社と差別化するには、優しくて頼りになる専門家の顔が必要になります。野菜でも生産者の顔とコメントを入れると安心して購入できると同じようなことです。例えば、弊社の技術やマーケティングコンサルが長野県では一番優れていると言っても、ユーザーには理解されません。それよりも「こんな人が、こんな思いで制作しているよ!]と顔を出して伝えた方がユーザーには伝わりやすいのです。

ウェブの役目は、まずユーザーに好きなってもらうことから

売上拡大・人材確保などはホームページ制作の最終目的です。しかし、いきなり人は物を買おうとは思いませ。まずは企業や事務所などを好意を持ってもらうことからはじめる必要があります。「この会社なら・・・と思ってもらうことが大切になります。そのためには、そのビジネスを行っている専門家の顔が必要になります。営業担当でしたら、何でも話を聞いてくれそうな感じを持たせることが必要です。それには人の顔とそれなりのメッセージを設定する必要があります。

専門家のとしてのアドバイス

自社の商品のメリットだけを発信しても、そう簡単に商品が売れる時代ではありません。まず企業を魅せさせるために実績の画像を多く見てもらうこですが、サイトのどこかにそれに携わる専門家の顔が必要になります。