fbpx

Webユーザーの変化でホームページ制作が変わる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ウェブサイトの活用。スマホ時代で誰でも分かる変化とPCユーザーにも

まずホームページ制作・Web制作を行うときに行うときにTOPページから多くのWebデザイナーは作り出す。もちろん私も同様です。そして、クライアントもTOPページに注目します。しかし、殆どのCMSで成功しているホームページでは、最初にユーザーがTOPページに訪れる確率は20%以下になります。また、TOPページの直帰率も高くなっています。つまり、検索に慣れたユーザーは、できるだけ的確なキーワードで、自分の問題を解決しようとしています。ですから、TOPページでは自分の問題を解決できるコンテンツを探すのを嫌います。ですから、スマホだとメニューは殆ど利用されません。TOPページで重要なキーワードが入っていないと直帰されやすいのです。つまり、スマホの検索利用方法が利用方法がPCにも活用されています。

コンテンツ型ホームページ

スマホになれるとPCでも同じような利用をする利用をするユーザー

ページ内リンクを増やして、ユーザーの滞在時間を増やす時代は終わりました。ページ内でクリック無しで、ユーザーの目的を果たせるコンテンツを制作するべきです。全国向けのコンサルティング型戦略的Web制作では、主要なページのすべてがランディングページになっている専門ウェブサイトを主に制作します。多少制作費は掛かりますが、確実にホームページから成果をお届けするWeb制作です。ですからユーザーの導線を考えたコンバージョンレートを意識したホームページを作っています。

ホームページはコンテンツで決まる

どんないきれいでCOOKなホームページ制作をしても、売上は上がりません。それよりもスマホ時代にあった画像とコンテンツの組み合わせにより、新しい形のホームページ制作が必要になります。それは、コンテンツを練り上げた戦略性の高いホームページに仕上げる必要があります。

SEO対策の時代は終わりました。SEO対策をするのではなく、SEO対応された、ユーザーが求めるキーワードに、ピッタリのコンテンツのホームページを制作する必要があります。

長野県外の方はこちらへ、コンサルティング型戦略的Web制作

まずは、お電話・メールで
ご相談ください。

「ホームページ制作成功の秘密」の
DVDと資料をお届けします。

Web制作に関する相談専用ダイヤル
メールアドレスだけでお問い合わせ
小さな会社のマーケティングとは