fbpx

Webサイトの傾向2018「今年ホームページを作るなら」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年のWebサイトはどんな感じでしょうか?

昨年、スマホファーストの時代が到来して、ほぼ、業態やターゲット別に見て、スマホでのWebサイトへのアクセス状況とデータは確保できています。最近の変化としては、リスティング広告を利用して、ランディングページを活用するケースとオウンドメディアマーケティングを活用した企業の運営するWebマガジンの、二つのWeb手法の傾向を多く見受けられます。また、弊社は、コーポレートサイト・ランディングページ・オウンドメディアのスマホファーストが昨年の実績となります。

松本ホームページ制作 ウェブトレンド

ランディングページとは?

わかりやすく言うと縦長のWebページです。これには、SEO対策ができないため、リスティング広告(PPC広告)を利用して、スピーディなリアルな成果が得られます。また、プロダクトローンチという手法で、メールで売り込みすることにより、商品活用情報や動画を使い商品教育を1週間程行って顧客化します。直接的な販売効果は高いのですが、利益率の高い商品やビジネスでないと広告費やプロダクトローンチ作成費で、費用対効果を得られないケースも発生します。

オウンドメディアマーケティングとは?

このマーケティング手法だと、広告費よりSEO対策に時間が掛かります。また、SNSの活用も出来ます。メリットは、ブランディングや長期顧客の駆け込みが可能になります。また、MA(マーケティングオートメーション)などの最新のマーケティングツールを用いて、インバウンドマーケティング・コンテンツマーケティングが可能になります。また、リアル店舗への導入も促進できます。

Webが中途半端では、効果が得られない時代

ユーザビリティやコンテンツの質が高くなければ、Webからリアルな効果が得られない時代になりました。また、その逆にしっかりとコンテンツを作り込み運営にPDCAサイクルで改善をおこなっていくホームページが信じられないほどの収益を生む時代です。

まずは、お電話・メールで
ご相談ください。

「ホームページ制作成功の秘密」の
DVDと資料をお届けします。

Web制作に関する相談専用ダイヤル
メールアドレスだけでお問い合わせ
小さな会社のマーケティングとは