長野県長野市 松本市ウェブ制作・経営経営コンサルティングファーム

メニュー

「なぜ人は検索するのか」を考えた上位表示させるのではなく、成果が得られるコンテンツ作り

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on print
Print
Share on tumblr
Tumblr
Share on pocket
Pocket

「なぜ人は検索するのか」を考えた成果が得られるコンテンツ作り

ホームページの上位表示が目的なら、それはそれでそれほど難しくありません。もちろん、人気のキーワードでは、上表示をさせるためには時間がかかりますが、方法は簡単です。基本的に良質なコンテンツの更新頻度を高める必要があります。外的にもほとんど明確になっています。また、正しいホームページの構造などやることはたくさんありますが、それほど頭をひねることはありません。そして、多くの人が上位表示などのSEO対策に興味を注がれるようですが、それでは、ホームページから成果が得られないのではないでしょうか?

検索はなぜ

ホームページを作り理由とは?

そもそもホームページを作る理由はビジネスのリアルな効果を高めることではないでしょうか?そうであれば、上位表示させるのではなくてもホームページからの成約率(コンバージョンレート)が高ければ問題がありません。

つまり、ホームページのコンテンツのお問合せ・資料請求・来店・購入などの成約率を高くできれば、リスティング広告で費用を掛けても、SEO対策業者に多額の経費を支払っても問題ありませんね。ですから、アクセスを増やすより、成約率を高めるためのコンテンツ作りが大切です・

「なぜ人は検索するのか」を考える?

インターネットを利用するのは、「便利」だからです。図書館に行って書籍から何かを調べたり、店に行って自分お好みの靴を探さなくても良いのです。その「便利」の次に調べる・買う・時間を楽しむの3つの要素で人は検索します。

Webマーケティング

それでは、この困りごとや自分の変化への期待を求めて、人は調べるか、何かの解決策を探ります。
ですから、これらの目的で、人は検索するのです。そして、そこに大切なのは「便利」というキーワードです。

それではどんなコンテンツが有効なのか?

上記のユーザーの困りごとや変化の期待に答えられるコンテンツが必要になります。となるとカタログのようなホームページではなく、ユーザーが検索したキーワードに対して、「ドンピシャリ」の問題解決策がわかりやすく表示されたコンテンツになります。それが「便利」というものです。メニューを駆使して、自分が検索したキーワードのコンテンツを探すようなホームページでは、ユーザーは、即座に県s買うサイトに戻ります。

コンバージョン率を高める仕組み

解決策がコンテツになっているから成果が得られるのです。

ページに移行すると50以上の離脱があれば、成果は遠のきます。つまり、最小のページでユーザーにコンバージョンさせる必要があります。キーラーサイトやキラーコンテンツが必要になるのです。コーポレートサイトに商品を掲載して何も効果は得られないのです。

Web MARKETING
無料メルマガ

アクセスを増やして、Webからの成果を最大化にする!考え方と技術の学ぶメールマガジン