長野県長野市 松本市ウェブ制作・経営経営コンサルティングファーム

メニュー

何故、WebサイトにMAとCRMが必要なのか?

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on print
Print
Share on tumblr
Tumblr
Share on pocket
Pocket

WebサイトにMAとCRMが必要な理由

Webサイト、いわゆるホームページなのですが、何故、今 MA(マーケティングオートメーション)やCRM(Customer Relationship Management 顧客関連管理システム)などのBI(ビジネスインテリジェント)ツールが必要なのでしょうか? 昨今、「物が売れない時代」などと言われサブスクリプション方式などの販売手法も注目を集めています。そして、Webサイトの制作目的も「即買いを求めるWebサイト」から「見込客を獲得するWebサイト」づくりの時代になりました。そのためインバウンドマーケティングやオウドメディアの制作の必要性がWeb上で騒がれています。

長野県でのBIツールを提供する会社

これらも。「まず。自社を好きになってもらう」というマーケティング手法になります。つまり、いきなり販売をしても効果がないということです。そこに「見込客」という概念が必要になります。その見込客を管理育成するのにCRMが必要になり、その選別や顧客情報を獲得するためのにMAが必要になります。要するにWeb+MA+CRMが標準装備されていなければいけない時代になります。

MAのWebマーケティングでの役割

MA自体、Webが充実していなくてもメールで、顧客の自社商品の関心度を図ることが出来ます。展示会や交流会などで祝した見込客情報やWebの資料請求・お問合せのデータを基本に見込客の関心度を測り、その結果にアプローチします。弊社のBtoBの事業所様のWebサイト制作には、標準装備されます。そして、MAは見込客のその関心度にあったアプローチを自動化します。もちろん、営業担当に情報や営業指示を提供いします。もしくは、メールだけでビジネスを完結させてしまします。特にBtoBなどの事業ではとても役立ちます。また、不動産業・工務店なども同様に効果的です。また、出来るだけCRMとの連携が重要になります。

CRMのWebマーケティングでの役割

CRMは、Webを活用していなくても、現在の企業ではすべての業種で必要なシステムです。簡単に言ってしまえば、エクセスなどの表計算ソフトが不要になり、すべての業務を一つのシステムに行えるプラットフォームとなります。Webで獲得した見込客だけではなく、様々な顧客データと紐付けられ商談や作業の管理・メールマガジンの発行・見積書・注文書・請求書などなどが自動化されます。もちうろん、Webと紐付けられMAもプラグインして活用することが出来ます。

BIツールの活用が業績拡大の鍵

1台数千円単位から利用できるこれらのBIツールを自社の業務に合わせてカスタマイズすることによって、業績拡大が期待できます。もちろん、BIツールに合わせたWebサイト制作が望ましいです。ですが、まず、このBIツールに慣れ、業績拡大に繋がる仕組みづくりを行うことをオススメします。

BIツールの詳しいことはこちらのページをご確認ください。

ホームページ診断
動画で見るホームページ診断と対策

Web MARKETING
無料メルマガ

アクセスを増やして、Webからの成果を最大化にする!考え方と技術の学ぶメールマガジン