ウェブ制作会社の方向性2016年後半に向けて

これからのウェブ制作の方向性2016後半

スマートフォン全盛時代を迎えて、良好な通信状況の国内では、スマホ対応ホームページとして、縦長ウェブデザインがこれからのウェブデザインの主流になります。つまり、大げさな話をすれますウェブ制作の世界に大きな技術革新が行われたということ世界にもちろん、以前にもありました。

それによるウェブ制作会社の技術力が問われる時代になりました。そこで、現在のウェブデザインには多くのプログラムの変更になりjQueryなどのプログラムが多用されます。どんなシグナルの呼びこみで、どうスマートフォンで表示されるのかがとても大切な時代です。「ただ、レスポンシブルWEBデザインで制作すればよい」といという時代ではなくなりました。マルチデバイスデザインは、今までのウェブ制作会社を篩(ふるい)にかけます。それは、技術確信と制作単価の問題にもなります。

ATF長野ポートフォーリオimg

篩(ふるい)にかけられるウェブ制作会社

まず、縦長ウェブデザインでレスポンシブルWEBデザインを実行して、jQueryなどの多様化します。それがこれからのウェブデザインのトレンドです。それを制作できるウェブ会社とそうでないウェブ制作会社に篩にかけられます。そして、次に、それらを制作する手間による問題が発生します。この技術革新で多分3年前位の3倍以上の制作時間がかかるようになりました。それは、当然、ウェブサイト制作(ホームページ)コストに関わります。つまり、技術力のあるウェブ制作会社であっても、良質なクラントを確保できる営業力や企業力が必要になります。そこで、また、ウェブ制作会社が篩にかけられる現実が待ち受けてます。

上記の二つの問題は、地方のウェブ制作会社には大きな問題となります。弊社は、都内と長野県松本市を中心としたクライアントに恵まれている点から上記の問題はなんとかクリヤーできるでしょう。その大きな理由は、ワードプレス専門のウェブ制作会社であり、WPの拡張機能機能を利用できる点と優秀な海外技術者とのパイプにあります。コストを削減する企業努力を行っております。

ウェブ制作会社コストの問題

ウェブ制作時間が3倍になれば、当然価格も3倍になるのが当然です。しかし、現実的に地方の小規模な企業をターゲットにしているウェブ制作会社であれば、300万円程度のウェブ制作受注などそれほどありません。ですから、現在も以前の2倍弱の制作金額で抑えられるように弊社は努力しています。それが、ワードプレステンプレートの活用になります。SEO対策的にも、動作的にも、デザイン的に優秀な海外ウェブクリエーター・ウェブデザイナーの制作したテンプレートを活用することで、価格的も抑える事が可能になりました。しかし,ワードプレスなどを活用できないウェブ制作会社はとても困難な2016年後半になるのではないでしょうか?

ワードプレス専門ウェブ制作会社の問題

ワードプレスは、世界で最も人気の高いCMSです。しかし、それだけに悪質な第三者の攻撃を受けやすいのも事実です。そこで、全てのクライアントの側近のバックアップをとるなど、通常の小規模なウェブ制作会社出来ないサービスを行っております。また、弊社は、ウェブ制作後のサポートプランの充実を図っているいるので、更に忙しいい業務となります。

また、地方では、PHPが理解できるコーディング(ウェブプログラムを書く作業)の技術者の確保も同時に大問題です。PHPやjQueryなどのプログラムを多用するので、それだけの専門技術者の確保に大きな問題か抱えています。しかし、良質なWEBサイトをボチボチ制作していく弊社のポリシーなので、新規ウェブ制作を年内中に一時的にストップする予定でもあります。現在のクライアントに更に高いサービスを提供することがその目的です。

マルチデバイスデザインを更に高度

ウェブデザインでも海外のウェブで事案ではなく、国内の一般のユーザーの心を捉えるデザイン力も必要になります。コンセプトの明確化をデザインで表現しなければなりません。現在のユーザーは、テキストなどの言葉を受け入れません。そこで、クライアントの企業理念やお客様への思いをどうデザイン化するかが非常に問題になります。

全スタッフのベクトルが統一されること

コーディングにおいても、プログラムにおいても、デザイニングにおいても、同じレベルのベクトルで、「お客様のために何が出来る!」の追求になります。さらに企業としての「お客様のために何が出来る!」の追求が必要になります。マルチデバイスに、アナログな心を伝えるデザインを行うことですが、それは先程もお伝えした全てのスタッフが「お客様のために何が出来る!」を考えることにあると考えます。ウェブ制作会社も、一つの企業体なのです。お客様あってのビジネスです。さらに高度なサービスを全スタッフが行えるような企業づくりが必要になります。もしかするとこの点が、一番大切なファクターなのかもしれません。どれだけクライアントからの「ありがとう!」を得られるかがウェブ制作会社の生き残りの条件ではないでしょうか?

まずは、お電話・メールで
ご相談ください。

「ホームページ制作成功の秘密」の
DVDと資料をお届けします。

Web制作に関する相談専用ダイヤル
メールアドレスだけでお問い合わせ