人が企業を支えるように人がウェブも支える。

企業は人なり、ウェブも人なり

すべてが人間を視点に動いているこの社会で、優秀な人材(人財)が優秀な企業を支えます。企業はユーザーを見て、社員という人を大冊して成り立ちます。ウェブも同様です。ウェブにはその企業が表現されます。ウェブ制作会社に任せっきりのウェブサイト(ホームページ)なら、それなりに企業のウェブに対する考え方が見えます。もちろん、ウェブサイト制作の殆どをウェブ制作会社に任せるのですが、目的をもったウェブ制作会社への情報の提供などが必要になります。また、企業サイトであれば特に社員や企業経営者などウェブサイト参加が必要になります。また、運営が行き届いていない企業のウェブサイトでは、それなりの評価をユーザーは下します。

webcompany

デジタルだからこその人間の暖かさを表現する

無機質になりがちなウェブデザインですが、さりげなくてもそのこで働く人の顔が見えると安心するものです。また、こちからユーザーは見えなくてもウェブサイトに社員の顔が見えるとユーザーは企業で働く人に浸し味を感じるものです。このようにウェブサイトにそこで働く人が登場することはとても大切なことです。経営者や社員によってはウェブサイトに自分の顔を載せるのに抵抗を感じる人も少なくありませんが、載せてみると案外平気なものです。そして、その顔を載せたビジネス効果は計り知れません。

責任と約束、それが必要なウェブサイト

人の顔を掲載して、企業の経営者や担当者が自分の商品・サービス・製品などについて、責任を持った表現やユーザーと約束をする必要がああります。誇大広告的にウェブサイトを制作するのではなく、ウェブ上でユーザーから信頼を得るには、正直に県境に誠実なウェブ制作が必要になります。

まずは、お電話・メールで
ご相談ください。

「ホームページ制作成功の秘密」の
DVDと資料をお届けします。

Web制作に関する相談専用ダイヤル
メールアドレスだけでお問い合わせ