長野県の企業を未来につなぐ

松本市・長野市から長野県下の「いい会社を作りたい!」と願っている経営者のために

私たちは、クライアント様に変わって、以下の様なことを調査して、
ウェブ制作を行うWeb・マーケティング・ITソリューションサービスを行う会社です。


Webサイト・ホームページ制作は、営業の大切な窓口、まずは見込客獲得から


ホームページからお問い合わせや成果が感じられない経営者様・Web担当様。売上が低迷していて、先行きの不安を感じている経営者様。まだ、まだ、対策があります。そして、成功の実績は沢山あります。それは、そもそもWebサイトやホームページ制作の考え方から修正する必要があります。つまり、「ホームページを作ろう!」「営業成果をあげよう!」と考えた時に、自社のKPI(重要目標達成指標)も作らず、手当たりばったりにマーケティングやSP(セールスプロモーション)を行っているからです。

松本市ホームページ制作 KPI

企業の営業プロセスの弱点をWebサイト・ホームページで補う

Webサイト・ホームページで補とは?:どんな営業活動でもマーケティングが完璧に機能していない企業(99%程度でしょう)であれば、BtoBでもBtoCのビジネスでも質の高い、自社のセグメントに合致した「見込み客」の数が問題になります。ですが、その前にそのセグメントされたターゲットに、まず自社のサービスや商品を知ってもう必要があります。AIDOMA法則のA(Attention(注意))、つまり知って貰う必要があるのです。そもそもターゲットが知らないあなたの会社のサービスや商品を購入する可能性は、0%です。

ビジネスで怖いのが、この「0%」なのです。この「0」という数値をまず、「1以上」にする必要がります。この数値が高ければ、見込み客を増やすことは可能になります。多くの人に知ってもらうには、以下の5つの方法があります。

AIDAMA 松本市ホームページ制作

1. SEO対策を強化する
2. 広告を出す(リスティング広告)
3. SNSでWebサイトに呼込む
4. メールを出す(展示会・購入会での名刺交換にむける)
5. TV広告やチラシでホームページに誘導する

上記のすべてを行うのがベストですが、企業には予算もあります。出来るところから挑戦する必要があります。

見込み客の抱えている問題を探る

これには見込み客を量産するために必要な作業です。そして、自社のセグメントされたターゲットが抱える問題点を探る必要があります。この問題にどうのようにコミットするかを潜在顧客にしてもらわないと質の高い見込み客を獲得することは出来ません。つまり、「あなたが困っている〇〇をこんな風に解決できます」のようなキャッコピーライトとそれにマッチした画像が必要ですね。

セグメントされたとは:市場の中で共通のニーズを持ち、製品の認識の仕方・価値づけ・使用方法、購買に至るプロセス、すなわち購買行動において似通っている顧客層の集団のこと。
AIDMA(アイドマ)の法則とは:Attention(注意)→ Interest(関心)→ Desire(欲求)→ Memory(記憶)→ Action(行動)の頭文字を取ったもので、アメリカのローランド・ホールが提唱した「消費行動」の仮説である。商売の基本で消費者の心理的プロセス・モデルです。

松本市ホームページ制作 見込み客I

見込み客を呼込むWebサイト・ホームページとは?

人は、購買行動を起こす前には、その商品やサービスを道具として、自分の変化や期待に代価を支払います。つまり、自分の抱えている「痩せたい」という思いは、「太っている」という問題から発生します。この考え方は、BtoBであっても同様です。ですから、この「太っている」にフォーカスする必要があります。その問題解決策と解決したときのイメージを訴求することが必要です。

ホームページにはオファーが必要です。

ホームページ制作の多くの失敗例は、「即購入行動」をしてもらうことを目的に作っています。しかし、モノの売れない時代に、その行為は愚かな行為としか呼べません。まず、AIDOMAの法則のように一挙には人の心は動きくケースは「衝動買い」という稀なケースにとなります。また、見込み客にもその商品への興味の段階があります。「今直ぐ」_「来年こそは!」・・・など見込み客に段階があります。ですから、「今直ぐ」と感じていない見込み客には、関心度を高めてもらうための育成が必要になります。これらの見込み客は、3ヶ月後・半年後・1年後の重要な顧客となる可能性が高いのです。

ホームページでのオファーとは?

オファーとは、申し入れのことです。ホームページに訪れた見込み客に行動をしてもらうのです。そして、このホームページ制作の目的、すなわちゴールは、来店・お問合せ・資料請求ではなく、「無料お試し」「コンテンツダウンロード」などの見込み客リストを取得するための仕掛けを作る必要があります。また、「このホームページからクーポンをダウンロード」などで見込み客のリスト作成ができます。

松本市ホームページ制作売れる商品

見込み客は多いいが成約に結びつかいないケースでのWebサイト・ホームページとは?

このケースでは、そもそも商品に問題がある場合があります。十分な成果を顧客に与えられるのに成約に至らないケースでは、金額と効果を示した比較表をWebサイトで紹介する必要がります。如何に顧客に自社の商品・サービス・製品などに高い価値を感じてもらうい必要があります。

自社を見込み客に好きになってもらうためのホームページ制作

もし、上記の問題が価格だとしたら、できるだけ価格にフォーカスさえないためにコンテンツマーケティングという手法があります。見込み客に「専門家」として、ロイヤリティを確保することで、「多少価格が高くても」と感じてもらうことも出来ます。また、見込み客に分かりやすい親切なコンテンツでホームページ制作を行う必要があります。このように一つ一つの問題を営業のプロセスを一つ一つ解決する必要があります。

コンテンツ マーケティングとは:収益を生む ユーザーに、価値ある コンテンツを制作および提供し続けることで、 ユーザーを惹きつけその状態を維持し、 エンゲージメントを生み出すことによって、最終的な収益に繋がる行動を ユーザーに取ってもらうための一連の手法です。

松本市ホームページ制作 CRMI 仕組みづくり

CRM・MAなどをデジタルツールをホームページとつなげる

仕組みづくりが継続した営業成果に結びつけるための第一歩です。ですからホームページから見込み客を獲得することにファーカスして、その獲得したデーターをCRM・MAでどう活用することが需要になります。これこそがビジネス成功への仕組み化の仕組みです。営業の結果にフォーカスするのではなく、結果が十分得られないければ、どこを改善する必要があるのかもCRMでは、KPIで評価できます。また、見込み客数からのコンバージョン率(成約率)を上げることも必要になります。ですが、この仕組が出来ると成果は右肩上がりになります。つまり、行政機が継続的にアップするということです。

継続的にホームページを活用して売上を上げ続ける方法

上記は、つねにPDCAサイクルを回していくことから、継続的な企業の成長につながります。今まで越えられなかった売上の壁も超えることが出来るでしょう。そこで、自社の売り上画の成長の壁を破り、舞月・毎年、次の売上に不安をいだきながら。「いい会社をつくりたい」とねが受け映写のためのホームページとCRMで売上の壁を突破する方法を資料をご提供いたします。

まとめ

目的を明確にしてウェブ制作を行う必要があります。現在、各地域で優秀とされているWeb制作会社は、このウェブ制作という職業名を嫌っています。その理由は、弊社も同様ですが、Web制作の前に競合他社分析・市場分析・ターゲティング(必要であればペルソナの設定)など、他のWebだけをスタッフの関税にや経験に任せた成果目標の明確に競ってされていな「ただ作ればいい!」という視点でウェブ制作を行うWeb制作会社と「一緒にされたくない!」という思いが高いのです。しかし、弊社は「長野県の企業を未来につなぐ」専門家として、Web制作会社であろうが、デジタルマーケティング会社であろうと、「企業を未来につなぐ」専門家として、呼び名にはこだわりません。また、地域の多くの企業が、それほどWebに関して知識がないのも実態です。
Webリテラシーの低い企業であっても、クライアントをパートナーと企業として、未来につなぐための専門家として、理解を求めるだけです。このように企業Webサイトでは、企業自身の主張も込めて目的に向かってウェブ制作を行うことをオススメします。