WEB発注担当者さまへ

ご安心ください!ATFは、ホームページ制作の下準備から、丁寧で分かりやすいサポートをいたします!
web担当1

ウェブ制作発注時のウェブ担当さまの覚悟

ビジネスに効果のあるウェブサイト(ホームページ)を作成するには、ウェブ担当さまが、やらなければいけないことが倍増することを覚悟してください。また、ウェブに詳しくない上司や社長を口説くのも大変です。

弊社では、そんなケースの場合、経営者を含めた経営幹部に集まってもらい、数字的な資料を元にウェブサイトの必要性を解説します。

それでも社内情報や制作完了後に経営者を含めた経営幹部、もしくは上司から「その色へんじゃない!」「アピールが足りない・・・?」などの頓珍漢(トンチンカン)な批評をいただく事になります。彼らのなかにウェブリテラシーが高い上司がいれば、それほど問題はありませんが、そうでもなければ・・・大変のことを覚悟してください。

それでもご心配ななく。弊社では公開後1ヶ月ぐらいで、「やっぱあそこが変だ・・・?」にも対応できます。

1. 通常の仕事にウェブ制作の時間がのし掛かる覚悟
2. 上司とウェブ制作会社の狭間になる覚悟
3. 社内情報を学べぶ覚悟
4. 周囲が支援してくれない覚悟

しかし、一旦ビジネスに効果的なウェブサイトを構築せれば、あなたは、24時間365日休まず活動してくれる営業部隊を率いているようなもので、出世間違いなしで、給料アップも夢じゃありません!

ウェブ制作担当"

ウェブ制作前にウェブ担当さまに、やっておいて欲しいこと

見積り依頼する時にページ数がウェブ制作料金を決めるファクターになります。もちろん、ページ数は多いい方がいいのですが、自社で作れるコンテンツページなどが、弊社の利用するCMSでは可能です。ですから、テキストコンテンツ(文書)のみのページは、見積に入りません。

例えば、商品細かいウンチクなどは、自社で作れます。それ以外に競合他社分析(弊社が行う)の材料や自社の強みなども探っておいてください。そして、以下の内容が必要になります。

1. よく、お客様に質問されることをまとめる
2. 顔出しの出来る社員に根回しをしておく
3. これからのビジネスの方向性を決めておく
4. ターゲットの絞り込み
5. 納期を決める(約3ヶ月は必要になります)
6. 画像を準備準備する

以上のことが明確になると適切な見積や効果測定も可能になります。そして、自社で作成できるページは、自社で行う事ができます。それが出来るのかできないのか?明確になっていると料金にも変動があります。また、上記の項目が全てできなくても契約後に指導をさせていただいたり、弊社の方で行えるのものもあります。

まずは、お電話・メールで
ご相談ください。

「ホームページ制作成功の秘密」の
DVDと資料をお届けします。

Web制作に関する相談専用ダイヤル
メールアドレスだけでお問い合わせ