こんなことで、ホームページで業績が上がります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホームページの目的を見込み客獲得のために

ホームページで業績アップを望むなら、ホームページで即買いを即すよりもコンテンツマーケティングインバウンドマーケティング(外国人向けではない)により、見込み客に自社のファンになってもらう・そこから見込み客と繋がることを目的にするべきです。つまり、お問合せ・相談・SNSでのコミュニケーションなど、まず、顧客と繋がり、その顧客を自社の商品の購入・来店などの即することを目的にしてください。

好きになってもらうWeb

まずは、自社を好きになってもらうためのウェブコンテンツとは?

ユーザーが求めているのは、自分(自社)の問題の解決や自分の変化のための情報を求めています。そのために自社の商品やサービスをツールとして、考えてください。「こんな問題を抱えているなら、こんな解決法があります」とか、「こんな使い方をしてください」とか?ユーザーの問題解決になる情報を自社の商品でなくてもコンテンツにする必要があります。例えば、リフォーム業者やガーデンニング業者が、リフォームやホームセンターなどで購入した材料などで出来るリフォームやガーデニングのためのノウハウを提供します。しかし、やっぱり素人です。うまく出来なかもしれません。そして、「やっぱり親切なプロの業屋に任せよう」なんてことになるかもしれません。
その結果、ユーザーに好きになってもらう見込み客になってくれるよう、ダウンロード資料やチャットでユーザーを見込み客として、リストに入れましょう。また、CRM(顧客関係管理)ツールで顧客を管理することもおすすめすします。

ホームページには記載していないコンテンツを用意しておく

見込み客を自社の関心度に合わせて、アプローチする必要があります。闇雲に情報を垂れ流しても、良い結果は得られません。出来れば、CRMやMA(マーケティングオートメーション)との連動を図るのがベストですが、見込みきゃの抱えている問題に適したコンテンツの資料を提供したり、SNS上で簡単な会話をする必要があります。

常に正直で誠実な対応をする

現在の売上状況で、クロージングを焦ると見込み客を失う可能性があります。ですから、正直で。誠実な対応はとても重要です。ブログで自社の商品の欠点やその対処法を掲載したり、スタッフの失敗談など、ユーザーは、その人と自分の共通点を見出してくれれば成功です。人となりを表現してください。物語はとても好まれます。仕事に対する情熱も忘れずブログに記載してください。

HPリニューアルキャンペーン

まず、Webを好きになって欲しい!

長野県松本市でWeb 制作会社をやっていると、「もっとWebを活用してくれればビジネスも成長するのに」というお客様や見込み客の会社さんがあります。もちろん、忙しい中ブログを書くのは手間です。しかし、30分も時間があれば、自社のことを分かってもらえるツールです。まず、ターゲットに自社を知ってもらわければ、ビジネスは始まりません。どんないい商品や製品があっても、それを必要な人に情報を届けなければ、ビジネスは成立しません。

ジャパネットたかたを真似る

「なまりのある話し方でTVCMを作ってください」と言っているのはありません。どこでも変えるようなメーカーが作った電化製品を売っているに通販では断トツの売上です。つまり、「伝えるチカラ」が素晴らしいのです。この「伝えるチカラ」を身に着けてビジネスを大きく成長させてください。

HPリニューアルキャンペーン

まずは、お電話・メールで
ご相談ください。

「ホームページ制作成功の秘密」の
DVDと資料をお届けします。

Web制作に関する相談専用ダイヤル
メールアドレスだけでお問い合わせ