どこまでお客様の役に立てるのか?そこが基本の企業サイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

顧客に役立つ情報こそが企業の人気のウェブサイトを支える

自社のアピールだけを掲載するホームページではコンテンツがあるとわ言わない。結果、アクセス増えず、ウェブからのビジネス効果は期待できないものなります。まずは、顧客サービスのためのコンテンツを掲載したホームページ制作をするべきですね。その結果、ビジネス効果を得られるホームページとなるではないでしょうか。

お客様サービス

お客様に役立つウェブコンテンツとは?

自己の商品やサービスの情報だけでなく、ビジネスへの情熱や専門家としてのユーザーに分かりやすい情報の提供が必要です。ホームページで商品やサービスを売るのではなく、潜在顧客に買いに来てもらう方向性しなければならない。であるから、どこまでもお客様に役立つ情報を徹底的に提供する必要があります。

例えば、工務店・住宅会社の場合には、幸せな家庭をつくるためのコンテンツ・家を建てた人との失敗談などのコンテンツは顧客の家づくりに有効な情報になるでしょう。そして、自社の商品のデメリット(向かない顧客タイプなどをしっかり伝える必要がある。弊社の場合、「他社にホームページがあるから自社にも必要」ぐらいにしか考えないユーザーなら他社の方が向いています。弊社では制作費も高いし、他社より制作期間も長いことを伝えるます。その代わり効果を求める方は費用対効果を遥かに上回る利益の得られるホームページを制作します。このように自社の顧客のタイプを誠実に伝える必要があります。

検索ユーザーはまず、検索を使って調べるというコトに意識を置く

まず、自己のビジネスの潜在顧客がどんな情報を探しているのか?そこを調べたり、仮設を立てる必要があります。検索ユーザーは何かを調べたくて検索するのである。潜在顧客はユーザーに最適な思いやりのある誠実な情報を提供するサイトもしくは企業を好ましく感じる。自社の伝えたいことではなく、潜在顧客が知りたいことをコンテンツにしなければならない。

すべての対応の顧客に役に立てるわけではない

潜在顧客のすべてのタイプに役に立つわけではない。つまり専門性・ニッチなコンテンツの方がユーザーの心をつかめる。また、対象顧客を選ぶこととホームページでは有効になる。言い換えれば、ターゲットを絞り込む必要がある。絞り込むことによって対象ユーザーは狭まるように感じるが、実は拡大する。
セグメントを絞り込むことで伝えやすいコンテンツが作りやすく、潜在顧客もサイトの情報が有効になる。つまり、全てのタイプのユーザーに対応しようとすると大切な潜在顧客を逃すことになります。

実は役立つと感じるのは小さな気遣いをし続けることから?

コピーライトで役立つメッセージを送っても潜在顧客の心をつかむことは出来ない。小さな気遣いや親切・誠実さをサイトのあらゆるところに散りばめる必要があります。その小さなコトの積重ねが潜在顧客の心をつかむ結果となります。

ユーザーとは?ネットを利用することで、潜在顧客と将来その商品、もしくはサービスを購入する人を示します。