株式会社エイ・ティ・エフ

Webサイト制作事業部
ATFコンサルティングファーム

@importは時代遅れだって?

ATFコンサルティングFIRM

ATFコンサルティングFIRM

マーケティングがあなたのビジネスの目標達成を支援します。

HubSPot+ ATFC担当に相談する

目次

これまで様々なサイトに携わってきたが、CSSファイルの細分化には気を使ってきた。
なぜなら、圧倒的に管理が楽だからだ。

制作中もさることながら、再び改修する際も自分が見て分かるようにマークアップし、IDやクラスのネーミングも統一化させ自分の中で定義付けを行うことで、久しぶりに覗く自らが書いたコードにもすんなり順応できる。

@import

その際に多用してきたのが「@import」。
CSSを細分化し(要するにブロックごとに分けたり、用途によって分けたり…)読み込ませることで、加筆や削除を容易にさせておくことができる。全体的には変えないが、ちょっと大がかりに変えるなどという場合に、他の部分に影響なすることなくスムーズな改修ができる。

しかし、@importはレンダリングが遅いのも事実だ。おそらくPHPやCGIを使ったサイトだと軽く不愉快なほど遅く、昔のWordPressやXoopsではかなり体感できるほど読み込みスピードが遅い。

Object Oriented CSS

最近では「Object Oriented CSS」という手法が採用されているとのことだが、調べてみると既に自分も少し導入していた手法であった。
IDにスタイルを定義付ける手法が一般的だ。つまりロケーション(ヘッダやフッタ…)ごとにスタイルを作る。しかし、Object Oriented CSSとはサイト全体クラスを付けて、必要なプロパティを「パーツ」のように付けていく。
簡単に言うと、よく使うプロパティは色々なところで再利用できるということだ。サイト全体をObject Oriented CSSで作ったことはないが、パフォーマンスも向上するのだろうか?
初動制作時の工数はかかりそうだが、これも自分の中のスタンダードを徐々に構築しておくことで、再び改修する時に手間がかからなそうだ。

Object Oriented CSS

SNS
Web制作会社だけどコンサルティングファーム

企業のアドバイスなどのコンサルティング営業 ある日、ホームページ制作の依頼があり、依頼者の会社に訪れました。私が来社すると、厄介者が来たような目つきでその会社の従業員が私を見ていました。そんな会社で、売れるホームページな

ブログを読む »
Web制作会社長野一
ホームページ集客できる2024年版

誰に、何を、どのようにのフレームワークでホームページのコンテンツを作成する まずは、マーケティングです。自社の商品・サービス・製品に勝ちを感じてくれる人たちは、誰なのか?を明確にします。そして、それはどんな成果を提供する

ブログを読む »