ユーザーの「役に立てたか?」が成功のカギ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

伝えたいコトよりユーザーが知りたいコトを!

ウェブサイト(ホームページ)制作・運営の成功のカギは、コンテンツマーケティングと言われています。コンテンツマーケティングとは、自社商品・サービス・製品を知らないユーザーに、いきなりセールスをするのではなく、まずは知ってもらい興味や関心を引くようなコンテンツ(情報)を提供します。そして、好感度を持ってもらい段階的にウェブマーケティング(SNS・ブログ・動画など)を活用してユーザーの育成する為の手法です。

まずは、自社が伝えたいコンテンツではなく、ユーザーが知りたいコンテンツを優先してウェブサイトで紹介することです。つまり、ユーザーの「役に立てたか?」がウェブサイト制作・運営の成功のカギとなることでしょう。

web-designfor-user

テキストより画像を!

多くのテキストで解説するより、画像で哀切したりイメージ訴求による画像や動画でユーザーの興味引くような分かりやすくイメージ戦略がどんな業態のウェブサイトでも必要になります。それらを行った上での分かりやウイコピーライトが必要です。弊社の場合は、ウェブデザイン・ウェブサイトではなく、できるだけホームページという言葉を使用するようにしています。

商品・サービス・製品の説明よりユーザーの問題解決のために!

商品・サービス・製品の説明するコンテンツより、ユーザーの問題に対して解決できる自社のコンテツの紹介が必要です。まずは、ユーザーの抱える問題点を探す作業が必要ではないでしょうか?

多数ではなく、ターゲットを絞り込んだユーザーに対して!

多くの人へのコンテンツではなく、ターゲットを絞り込んだユーザーに対してのコンテンツ作りが必要です。例えば、「ウェブサイトを最近制作したが、効果が感じられない方に!」などのようにターゲット絞り込んだわかりやすいコンテンツ作りが必要です。誰に・何を・どうのように・・・・と、よみやういコンテツづくりを行いましょう。結果、質の高いコンテンツと評価されます。

ユーザーの役に立つのビジネスの基本ですよね!

ウェブサイトの成功のカギはユーザーの「役に立てたか?」ということですが、すべてのビジネスや企業の役割は、どうユーザーの役に立てたか?ということで企業の価値が決まるのではないでしょうか?その点から考えてもユーザーの役に立てるウェブ制作が成功のカギであるとこには議論の余地はないと思います。

まずは、お電話・メールで
ご相談ください。

「ホームページ制作成功の秘密」の
DVDと資料をお届けします。

Web制作に関する相談専用ダイヤル
メールアドレスだけでお問い合わせ