長野県長野市・松本市ウェブ制作事業部 コンサルティングFIRM

ATFコンサルティングファーム

人材獲得の成果を高めるためのWebサイトの作り方

学生は100%に近いほど候補の企業のWebサイトを訪問します。採用専門のポータルなどでの情報だけでは、他社との差別化が出来ません。多くのが学生や求人に応募する人の興味は、「どんな仕事かな?」と同様に「どんな人達が働いているの?」ということに興味があります。その興味に応えるべく「そこで働く人の生の声」や「働く人の画像」が必要になります。できれば社長の趣味や人間性なども興味の対象になります。ですからコーポーレートサイトのページを利用したリクルートページでは、学生たちの思いに応えていない点から応募者を思うように募れません。また、企業サイトはビジネス対象が訪問するためのコンテンツですから、これも学生には、その会社を知るすべがなくなります。ですから、会社紹介などのイベントで知ることはできるのですが、全てのイベントに学生は参加できません。応募先の企業候補をスマートフォンで探すのです。この学生の要求や思い、行動に対応するために採用専用Webサイトを制作する必要があります。

採用専用Webサイトとは

学生に対して就活スケジュール前に採用専用サイトでは365日24時間学生にアピールすることが出来ます。採用活動がスタートとした時点で募集要項をコンテンツとしたページをアップすれば良いので、採用専用Webサイト・求人専用サイトを作っていない企業との差ができます。「早いもの勝ち!」なのです。20年から30年先に自社の将来を担っくれる人材を確保するには、それだけの手間をかけ、リソースを用意する必要がります。

以下が学生が興味なるコンテツとなります
・どんな仕事
・どんな人達が働いているの?
・私でもできるの?
・社会に貢献しているの?
・福利厚生は?
・働く場所はデザインされている?
・ユニホームのデザインは?
・企業文化は?

画像はTIS東北様リクルート専用Webサイトの「TIS東北を覗いてみる」のページです。