長野県長野市・松本市ウェブ制作事業部 コンサルティングFIRM

ATFコンサルティングファーム

顧客体験ではなく、就活体験を高めてリクルート(採用)専用サイトを制作

TIS東北リクルートサイト
Picture of ATFコンサルティングFIRM

ATFコンサルティングFIRM

マーケティングがあなたのビジネスの目標達成を支援します。

HubSPot+ ATFC担当に相談する

目次

顧客体験ではなく、就活体験をリクルート(採用)専用Webサイト

簡単に言うと就活している学生の立場に立ったリクルート専用サイト制作という事です。例えば、その会社で自分はどんな働き方ができるのか?などを情報として提供できるリクルート(採用)専用Webサイトが必要になります。ある意味では、それらの効果として自分の社会人としての有りた方などが明確にある学生を募集できます。女性であれば、結婚して子供を産んでも仕事ができ学生に検討されます。それは自分の理想のライフスタイルに合致するなどの点も学生に検討されます。そのためのUX的なコンテンツでリクルート(採用)専用Webサイトを制作する必要があります。それは、自社にあった質の高い学生を集めるためであり、企業の10年後を支えるパワーそのためのメッセージを明るい画像に添えてアピールします。

・どんな働き方ができるのか?
・これからこの会社はどんな風になっていくのか?
・そこに自分の居場所があるのか?
・社会にどれだけ貢献できるのか?

上記が学生が知りたいと感じる一部になります。

採用サイトTIS東北
TIS東北株式会社

就活体験とは?

学生が求める情報をより多く、他社との差別化を図りしっかりとしたコンテンツを作る必要があります。学生にとって働く場所や福利厚生などもとても重要です。そして、先輩の声は、自分にできるだけ近い年齢の声が重要となります。「働きやすそう!」「自分でも頑張れそう!」とWebデザインで表現する必要があるのです。特にSEO対策を考慮する必要はありません。画像をふんだんに使った観て楽しいスマートフォンファースのwebサイトが必要になります。そして、UXを考量した自社の面接時のポイントやできるだけリラックスして採用試験が受けられる学生へのアドバイスも重要になります。「親切な企業文化」をアピールする必要があるからです。

TIS採用サイト
TISリクルートサイト

就活体験を高めてリクルート(採用)専用サイトを制作

UXを実施するには、既存の社員の多くの時間を使ったインタビューを行う必要があります。特に若手となるのですが、学生が聞きたい社員の本音のようなものに触れる必要があります。そして、その価値観をどう受け入れるのかを定義する必要があります。そして、何度もお伝えしますが画像です。通常のWebサイト(特に企業サイト)を制作するより撮影に手をかけます。多くのポートレートを吟味してコンテンツを作り上げます。最後にブランディングです。質の高いデザインと画一したルールでWebデザインを行う必要があります。

ATF−Cでは、広告性向け・専門学校・大学向けのリクルートサイト制作には、専用サイトをお勧めいております。そして、高い実績が出てても毎年作り替えることをおすすめしております。

SNS
AI
生成AIを使ったブログコンテンツの作成

生成AIを使ってブログ記事を作成する方法はいくつかあります。以下にその一般的な手順を示します トピックの選定: まず、ブログ記事のトピックを決めます。トピックは、読者が興味を持ちそうなテーマや、あなたの専門知識に関連する

ブログを読む »
インタビュー一覧
人材採用のキーポイントはWebサイトだった。

今年度こそ人材採用の成果を出す! 街には、新入社員らしき若者が目立つシーズになった。毎年、人材採用に苦戦している人事部人材採用担当は、今年も悔し涙を流しているのか? そこで、成果を毎年あげている企業は、Webサイト(コー

ブログを読む »
集客か?ブランディングか?Webリニューアル。
Webリニューアル:集客 vs ブランディング

Webサイトリニューアルの目的は集客か?ブランディングか? Webサイトのリニューアルを検討する際、多くの方が「集客」と「ブランディング」のどちらを優先すべきか悩むのではないでしょうか。結論から言うと、どちらを優先すべき

ブログを読む »
笑顔の女性
安曇野赤十字病院看護師採用サイト制作

安曇野赤十字病院看護師採用専用Webサイトへ 安曇野赤十字病院看護師採用専用サイトweb design(ウェブデザイン PC用) 看護師とのミーテイングを重ね仕事環境の改善を現実的に行い、それをコンテンツとしました。長野

ブログを読む »
Web制作会社
Webフォームに営業問い合わせが殺到する件

新しいWebフォームからお問合せが来たぞ! 「新しいWebフォームからお問合せが来たぞ!」と喜んでメールを確認すると営業メールだ。こんな日が毎日も続きます。言葉を変えて「協業」と言っているが、コピペでできるフォーム営業は

ブログを読む »