スマホファースト、本当の意味と必要性。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマホ対応ではなく、スマホファーストの違いとは?

スマートフォンでのアクセスが60%を超えたら、スマホファースト(モバイルファーストとも呼ぶ)にウェブサイト(ホームページ)を変更する必要があります。スマホファーストとは、ただのレスポンシブレスポンシブデザインにして、スマホでも見やすくするという概念ではあります。より、スマホに適した、フラットデザインやマテリアルデザインを利用して、見やすく操作しやすいスマートフォン優先したウェブデザインを活用したサイトにする必要があります。

atfiphone

どこがどう違うスマホファーストとスマホ対応ウェブサイト

一言で言ってしまえば、テキスト数が遥かに少なくなります。画像でユーザーのこころを惹き付ける必要があります。スマホで読みやすいテキストするため、殆どテキストを利用せず、アイコンなどで操作が出来るようにボタンの解説などはありません。また、最下部には、そのまま電話で問合せをしてもうためのコールアクションを設けます。また、テキスト数が少ないので、アニメーションを活用します。
ブログのテキストの改行を気をつける必要があります。長文でも読みやすくする必要があります。
弊社弊社ページ

SNSはスマホで見るからそこからのリンクを大切にする

FACEBOOKやInstagramを利用する人はスマホが殆どです。そこからのリンクをもらいサイトにユーザーを呼び込んでもスマホファーストのサイトでなければ、ユーザーに不快感を与えます。一度与えた不快感は、早々に拭えません。時代に対応したウェブサイト作りが収益拡大に役立ちます。

まずは、お電話・メールで
ご相談ください。

「ホームページ制作成功の秘密」の
DVDと資料をお届けします。

Web制作に関する相談専用ダイヤル
メールアドレスだけでお問い合わせ