長野県長野市 松本市ウェブ制作・経営経営コンサルティングファーム

メニュー

webサイト運営の成功はPDCAで改善がポイント

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on print
Print
Share on tumblr
Tumblr
Share on pocket
Pocket

PDCAでWebサイト運営を行う

私は、Webサイトは制作をマーケティング的にはテストと考えます。クライアントの費用で「テスト」と考えるのは、非常識だと考えるかもしれませんが、あくまで弊社のコンサルティングとクライントの要望による仮説に基づいたWebサイトは制作いたします。しかし、答えを出すのは、ユーザーです。そして、Webサイトを運営しながら、ユーザーの声を拾う必要があります。その声に合わせてPDCAサイクルを回しながら修正を行います。問題は、 アナリティクスなどで、そのユーザーの声を拾いやすくWebサイトを制作する必要があります。

PDCAサイクル Web運営

PDCAで仮説から立案したWebサイトを検証し修正をする

Webサイトの完成はあります。常にPDCAサイクルで、改善案を試しながら、より効果の高いWebサイトに成長させます。経営者でも業務でもPDCAで改善することは必要だと言われていますが、Webサイトも同様だと私は考えます。

PDCAで分かるユーザーの動向

PDCAサイクル改善計画を立案し、修正していくとユーザーの動向が見えてきます。ユーザーは何を知りたくて、購入時や資料請求前は、どんなページを訪れ行動を起こしているのか?その時のタイトル・クリックするポイントを改善していくと見つかります。例えば長いテキストを読んでくれるユーザーとそうでないユーザーの行動の違いなど、PDCAを回したから分かることが多々あります。

Web制作は一つのテストです!

どんなに時間やお金を使ったプランでも、それはただのテストと考えれば、気軽に実行し、気軽に変更することもできます。コンテンツ作りに時間や手間を掛けたからと言って成功率が高まるわけではありません。問題はスピードです。多くのフィードバッウクを受けスピーディに改善することがリアルな利益を呼込むWebサイト運営の秘訣だと考えます。だからPDCAを回して成功をつかむのです。