モバイルファースの概念

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

モバイルファース・スマートフォンファーストの概念

モバイルファースト・スマートフォンファーストという概念が今のウェブ制作が行われています。
しかし、弊社はデスクトップからレスポンシブで制作を始めます。そして、スマホでの出来ることは、やはりデスクトップより少ないのも事実です。それは当然、デスクトップよりキャンパス自体が遥かにスマホの方が小さいからです。そこで、モバイルファースト・スマートフォンファーストは現実的にどのように考えて制作すればよいのかを私が行っている項目を一部紹介します。

ATFウェブTOP 

モバイルファースト・メールでのお問合せについて

メールでのお問合せ激減しているのもスマホユーザーが多くなったからでしょう。その代わりに、お問合せなどが電話に変わりました。電話しやすい仕組みを考える必要があります。

モバイルファースト・テキストコンテンツ

ウェブは、「サラッと見る」というテキストコンテンツも更にサラッと見ることになるスマホです。
適切なイメージ画像を使用して、コンテンツを短くする必要があります。その分コピーライトが更に重要になります。

モバイルファースト・マテリアルデザイン

フラットデザイン・マテリアルデザインでは、解説なしにランディングページにユーザーを引き込む必要があります。
一つ一つのボタンをどの位置に設置するのかを考える必要があります。まず、Googleのガイダンスを理解する必要があります。
Googleマテリアル デザインのガイドライン(日本語版)

弊社のこのTOPページでは、ファーストビューでランディングページに湯初するボタンだけを設置しています。つまりユーザーを誘導する必要があるからです。

まだまだ、あるスマホファースのユーザビリティ

まだまだ、あるスマホファースのユーザビリティの向上方法あります。大切なのは、ランディングページでユーザーの「これ欲しい!」「これ購入するとこんなことが出来る」などのユーザーの心を熱くさせる仕掛けです。

まずは、お電話・メールで
ご相談ください。

「ホームページ制作成功の秘密」の
DVDと資料をお届けします。

Web制作に関する相談専用ダイヤル
メールアドレスだけでお問い合わせ