簡単にできる顧客を巻き込んだウェブマーケティング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

参加型ウェブサイトの時代は終わった

掲示板などを設置した参加型ウェブサイトより、現在は。知恵袋型ウェブサイトの方が人気があるようだ。しかし、更にユーザーを巻き込むにはSNSを利用する方が簡単で、ユーザーの心を掴めます。Facebook・TWitterだけでなく、YouTubeやインストグラムなども効果的だ。またLINEの活用も視野に入れたほうがいいでしょう。

SNS

SNSから最後は自社サイトに呼び込むマーケティング

SNSでユーザーを巻き込んだイベントやグループを作ってブランディングをしたり、インストグラムやTwitterハッシュタグで連携を構築することは簡単にできるます。この作業するための祭壇の問題点は時間というファクターです。無料のツールですが、グーループを作ったり、会員同士でコミュニティが作れます。ホームページだけで同様のサービスを行うには経費があまりにも掛かり過ぎます。また、利用者の拡大には多くの手間と経費が掛かります。SNSを利用したホームページ制作が必要です。

SNSの時代のホームページ作り

SNSシステムがとても便利で高度なプログラムを活用しています。そして、このサービスを利用するユーザーの特徴は、スマホでSNSを楽しむということです。インストグラムのようにスマホ専用のサービスもあります。ですからSNSからホームページに呼び込む時にはスマ対応サイトであってもTOPページもできるだけ単純に創り上げると逝くことです。スマホで利用しやすいホームページ作りがポイントです。

今更聞けないSNSのまとめ