fbpx

ホームページ制作が失敗する理由

どうせ作るのなら、失敗するホームページではなく、リアルな費用対効果が高いホームページを作りましょう

Web制作会社も沢山あります。お客様のビジネスに内容・ターゲットの思考などを調査せずに、クライアントの要望だけホームページ制作に反映させます。そもそもWebリテラシーが高くない企業の経営者や担当の話をきいてホームページ制作をしても成功するわけがありません。ホームページは、デザインよりもコンテンツが重要です。ホームページ制作を行う側もクライアントのビジネスを知っていなければなりません。また、クライントよりもクライントのターゲットを動向や思考知る必要もあります。

ホームページ制作で失敗しないために

ユーザに提供する情報が少ないと売れません

そもそもクライアントからのちょっとした業務の話を聞いたり、要望を聞いただけで、ホームページ制作を行うと、当然、ホームページから成果を得ることはできません。そんなにユーザは、バカではありません。むしろ売手より賢いかもしれません。大切なのは、「ユーザがクライアントの商品の価値」にフォーカスする必要があります。今、話題のデザイン思考同様、クライアントのターゲットに共鳴する必要があります。クライントの営業担当からのヒヤリング。直接、ユーザの声を拾い上げる必要があります。つまり、1商品を購入するにもユーザに提供する情報が少ないと売れません。結果、ホームページ制作は失敗に終わります。これが、商品販売サイトでなくても同様です。

手間を惜しんでしまから失敗するのです。

Amazonに学ぶWebマーケティングから学びましょう。Amazonは、説明のいらない標準的な商品を販売しています。そして、一見、ユーザ向けの情報が少ないように思えますが、決定的に販売効果を高めているのが、レビューです。レビューが商品の評価や性能を代弁しいます。ですから、1商品ごとに、お客様の声を掲載するのはとても有効な作業です。しかし、それだけ価値があるのにクライアント側は、手間を惜しんでしまいます。この手間が売上に反映します。そして、TOPページなど意味がないこともAmazonは証明しています。ユーザの望む情報を的確に表示させるこれがWebの成功法則です。

Web制作失敗しないために

デザインに口を出しては駄目

自社のコンセプト・ターゲットの思考や目的をしっかり伝えたなら、クライアントには、申し訳ないけどデザインに口を出してはいけません。TOPページならクライアントのいう通りに作っても問題はありませんが、ランディングページには、口を出さない方がいいと思います。もちろん、もちろん、Web制作会社側が、これらのことを理解していればの話です。

Web制作会社選びはホームページを確認しましょう

ホームページ制作で失敗しないためには、そもそもWeb制作会社選びでつまずいてしまうと成功は望めません。そのために、選択枠に入っているWeb制作会社を「松本市 ホームページ制作」などのキーワードで、検索してください。「SEO対策が得意」といっても検索順位が低いWeb制作会社や「マーケティングが得意」と言って、調査やコンセプトなどの作業方法を掲示していないとか、そのWeb制作会社の質がわかります。そもそもホームページで仕事が取らないホームページ制作会社に依頼するほどバカバカしいことはありません。また、専門性を尋ねるべきです。すべてが得意なWeb制作会社は存在しません。例えば、ATFの場合は、「業績拡大のためWeb制作」となります。ですから、ただのECショップや美術館などのホームページ制作は行いません。「すべては成果のため」がATFのテーマです。

小さな会社のマーケティングとは