何故、マーケティングに力を入れたウェブ制作をするのか?

Home / ウェブサイトについて / 何故、マーケティングに力を入れたウェブ制作をするのか?

ウェブマーケティングだけではホームページ制作の成功はない

モノを売る・サービスを売るにはとても難しい時代です。そんな時代に他社と差別化を図るにはしっかりとした経営戦略・営業戦略に基づいた営業手法をもとにしたホームページなどのウェブマーケティングをする必要のある時代です。それはローカルの小規模の事業者であっても同様のことです。商品力・サービス力を高めたマーケティングの力がホームページでの成功を鍵の一つとなります。

マーケティングホームページ制作成功

マーケティング力でホームページ制作成功例

マーケティング手法の一つとしてのターゲットの絞り込みをした製造業者のクライントは、”雑巾を絞っても水も一滴も出ない”ほどのターゲットの絞り込みをしました。現在の流通環境では長野県岡谷市の立地でも十分全国の発注先をターゲットにすることは可能です。ニッチなビジネスでもその絞り込んだ製品の製造は全国から専門業者としての評価と絞り込んだターゲット以外の受注を多く得ています。結果この時代でも多くの新規取引先を獲得しています。

ターゲット絞りこむ利点としては、その製造業者が何が得意であるかということを明確にしてくれます。ユーザーとしてはとても分かりやすい製造業者となるわけです。

どんな良い商品でも売り方で次第で売れ行きは変えるマーケティング

どんな優れた商品でもサービスでも売り方次第で売れ行きは変わります。その売り方を探るのがマーケティングです。ただデジタルに商品やサービスの紹介をするのでなく、ブランディンの構築やターゲットのユーザーの動向などを探る必要があります。優れた商品・優れた商品とは、ユーザーが「欲しい1」と感じる商品やサービスです。その演出の仕方が大切です。それを表現するのがホームページとなります。

SEO対策に力を入れるべきか?リスティング広告に力を入れるべきか?ウェブマーケティング

最後にウェブマーケティングの活用により、多くのターゲットに自社サイトを見てもらう必要があります。その手法としてSEO対策に力を入れるべきか?リスティング広告を利用するのかを検討する必要があります。効果のあるSEO対策には時間が掛かります。時間はお金です。時間を稼ぐために必要なリスティング広告を利用するケースもあります。それらを検討するのがウェブマーケティングとなります。