長野県長野市 松本市ウェブ制作・経営経営コンサルティングファーム

メニュー

2020年TOKYOオリンピック開催に向けた新しいチャレンジをWebでしませんか?

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on print
Print
Share on tumblr
Tumblr
Share on pocket
Pocket

CMSの進化で、企業の変化を促進する新しい時代

CMSで一番人気のWordpressも新規エディターなどが開発され、更に一般の方もブログを更新しやすくなっているようです。昔は、Wordpressのアップロード自体でもサーバの設定などで苦しみました。このWebの進化により、多くの方がWebを利用して生活を便利に豊かに、そして、ビジネスを円滑に行っています。この進化は、時代の変化に対応した変化ということになるのでしょうが、「まだ、ウチはアナログで・・・」なんて経営者はビジネスのデジタル化をまずWebからトライをしてください。「どうような良好な関係をユーザとつながるか?」をテーマに2020年TOKYOオリンピック開催に向けた新しいチャレンジがWebサイトで行うことをオススメします。
進化したCMSでは、ユーザのコンテンツの関心度に合わせて、更に重要なコンテンツを表示させるようなことも可能になりました。更にMA(マーケティングオートメーション)を利用することで、自社のコンテンツの関心度の高いユーザに向けたアプローができます。そして、CRMをWebサイトと連携させることで、更に見込客を管理し、業績UPが実現できます。

MA誰が見ているのかわかる

CRMでできること、導入時しなければいけないこと

Webの進化とBIツールと言われるCRMやMAの進化で、業績を拡大することができ、更に労働線賛成を高めることができます。しかし、多くの失敗例も私は知っています。それは、現状の仕組みにBIを乗せるという過ちです。まず、CRM活用に合わせた仕組みづくりをして、Webやメールでユーザと関わる必要があります。Webの進化・CRMの進化にともない自社の仕組みを再構築して、自社にあった仕組みを作りましょう。

MAで見れること

各県庁や大手広告代理店なども自社のホームページのコンテンツに興味があることがMAでわかります。同業者も見ていることもわかりました。誰が見ているのかかがわかれば、Webコンテンツの作り方も変わります。また、CVR(成果率)も変わります。今やこの変化に対応することが、2020年TOKYOオリンピック開催に向けた新しいチャレンジとなるのではないでしょうか?

Web MARKETING
無料メルマガ

アクセスを増やして、Webからの成果を最大化にする!考え方と技術の学ぶメールマガジン