リクルート用ホームページ制作

リクルート用ホームページは
求人応募の最大のツール。

リクルート用ホームページ制作は、募集企業側の人材確保の必要度を伝えるツールです。
ですから、しっかりとした企業のリクルートに対する姿勢を応募対象者に伝える事が重要になります。
多くの学生や中途応募者は、スマートフォンにより、募集企業の採用情報などをホームページで確認します。
どんな会社で、どんな社員、どんな経営者、どんな企業文化なのか・・・といった情報を得ます。


リクルート専用ホームページ制作


製造業・建築土木業などの求人倍率の高い業種では、特にリクルート専用ホームページが必要です。
また、新卒などの応募をしている企業でもリクルートエイジェンシーなどのウェブサイトだけでは、他社と差別化ができません。
新入社員に対する教育や企業のビジョンなどをビジュアルを活用して伝える必要があります。


リクルート専用ランディングページ制作

コーポレートサイトと全く異なるイメージのリクルート専用ランディング型ホームページ制作をオススメします。1p程度の縦に長いページは、スマホファーストによりウェブデザインで制作されます。高校生専用リクルートページ・大学新卒専用リクルートページ・中途採用専用ホームページと別にして作成することにより、効果は倍増します。また、動画などをランディングページに張り込むことで、さらなる効果を増します。人材採用担当者様は、十分な予算を取って、リクルート専用ランディングページを制作することをお勧めします、

コーポレートサイトの充実によるリクルートページの作成

リクルート専用ランディングページ制作ではなく、しっかりとしたコーポレートサイトの充実により、企業のコンテンツを理解してもらい、自社の求める人材を確実に確保することができます。費用的には、リクルート専用ランディングページ制作するより遥かに費用は掛かりますが、営業面に掛かる費用で活用ができます。このコーポレートサイトへのリクルートページの作成では、既存のホームページに追加することも可能です。しかし、このケースであれば、リクルート専用ランディングページ制作の方がコストパフォーマンスは期待できます。

競合他社対策が必要なリクルート用ホームページ

考えてみてください。同業社で、尚且つ競合他社のサイトにリクルート用ホームページがある場合との差では、質の高い明るいリクルートページを持っ企業に新卒者や中途採用者でも応募したくなるのは当然です。ですから、最低限、競合他社対策を行う必要があります。10年後の企業の業績に大きな影響を及ぼすことを考え、その為のリクルート活動を行ってください。

リクルート目的のホームページ作成は人材不足の救世主

まずは、お電話・メールで
ご相談ください。

「ホームページ制作成功の秘密」の
DVDと資料をお届けします。

Web制作に関する相談専用ダイヤル
メールアドレスだけでお問い合わせ