よくあるホームページの失敗例!

Home / ホームページ制作 / ホームページ制作の考え方 / よくあるホームページの失敗例!

ホームページ制作で失敗しないために!

ホームページ制作失敗をご確認ください。
よくあるホームページ失敗例

「よくあるホームページの 失敗例!で学ぶ」

効果のないホームページを運営していてもただの時間の無駄です。そこで、多くの失敗例から、今後の対策を学んでみましょう?ホームページを作成して、公開するのには、それほどの技術もノウハウも必要ありません。問題は、検索されて、自己のビジネスをアピールするマーケティングノウハウやQEBの特性を理解する必要があります。

1,ホームページを自分で作った。もしくは、知人や社内で制作した。
2,業者との打ち合わせ回数が少なかった。
3,サポートのない会社で作った。
4,電話で営業されたリンクを使ったSEO対策を利用した。
5,業者任せで、何も意見を言わなかった。
6,ターゲット絞り込んでない。
7,無料ブログを利用していた。
8,ターゲットを絞らず制作した。
9.SEO対策が出来ない制作会社に依頼した。  
10、マーケティングが出来ない業者に制作を依頼した。

WEBサイト制作会社 ATFとは?--ATF-ホームページ制作