売れるウェブサイトコンテンツ

ビジネスに繋がるウェブコンテンツとは?

多くのクライアントが、自分の思い入れをウェブサイトに反映しようとする。しかし、人間とは、「〇〇するといいよ!」とただ伝えても、信頼関係がないと誰の耳にも響かない。そんなことと同様に、その商品やサービスをユーザーが「必要と感じても、欲しい!」と感じないかぎり、ユーザーは行動をしない。つまり、直接的な自社の思いだけをウェブコンテンツにしても何も伝わらない。まず、大切なのは、自社の優れている点をユーザーに気づいてもらわければなりません。

売れるウェブサイトコンテンツ

ユーザーの知りたいこと、こそが重要なコンテンツ

売り手側の思いを伝えるより、買い手側の思いを汲み取った情報をコンテンツにすることだ。そして、わかりやすく伝える必要があります。ウェブコンテンツは雑誌のタイトルコピーに近く、回りくどいコピーライトやコンテンツは不要です。言い換えれば、ユーザーの視覚にどう訴えかけるかということになります。

コンテンツマネージメントの考え方をウェブサイトコンテンツに

ウェブの特質を理解すると、文字より画像でまず、ユーザーの心を熱くする必要があります。商品説明よりユーザーが書くレビューやお客様の声の方がユーザーへの説得力もあります。しかし、この二つのコンテンツを制作するのはかなり手間になります。ですが、手間の掛かることこそが効果があり、見込み客を呼び込み売れるウェブサイトコンテンツとなるのです。

まずは、お電話・メールで
ご相談ください。

「ホームページ制作成功の秘密」の
DVDと資料をお届けします。

Web制作に関する相談専用ダイヤル
メールアドレスだけでお問い合わせ