ウェブサイトでリアルな効果を高めるための高速回転PDCA方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ウェブサイトでリアルな効果を高めるためは?

ウェブサイトでリアルな効果を得るためには、制作公開後にウェブサイトを成長させなかればなりません。そのためPDCAサイクルを高速回転させる必要があります。この作業によって自社の商品分析や売り方の変更やウェブサイトの修正や追加が必要になります。そして、リアルな効果を得られるウェブサイトに成長していきます。

WEBサイトPDCA

仮説→追加・修正→測定→改善

PPC広告/リスティング広告で評価を見る

ウェブサイトでリアルな効果を得るためには、まずユーザーの評価を測定する必要があります。まず、1ヶ月でもいいのでPPC広告/リスティング広告で評価を見ることが、高速でPDCAを回せます。Google アナリティクスで解析したデーターを分析する作業がとても大切になります。そのための分析力をウェブ担当は身につけておく必要があります。

コンバージョンを高めるための作業

ウェブサイトでリアルな効果を得るためには、ユーザーが目標のランディングページや資料請求などのコンバージョン率を高めるためのボタンの位置やスマートフォンではコールアクションの見せ方や位置が重要になります。これらもPDCAサイクルにより、最良の位置や方法を見つける必要があります。

コンテンツについて

ウェブサイトでリアルな効果を得るためには、見やすく分かりやすいコンテンツになっているのか?ユーザーの求めるベネフィットをしっかりと訴求できているのか?この点にフォーカスしてコンテンツの修正や追加を行う必要があります。もちろん、PDCAを高速回転して、最良のコンテンツに仕上げる必要があります。

まずは、お電話・メールで
ご相談ください。

「ホームページ制作成功の秘密」の
DVDと資料をお届けします。

Web制作に関する相談専用ダイヤル
メールアドレスだけでお問い合わせ